スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

季節の菜の花、浅漬けで。

2011/02/27 Sun 20:00

旬の時期が短い菜の花

私の住む辺りでは1月ぐらいから
店頭には並んでいましたが、
ようやく買いやすい値段になってきました。


太い茎のわりにやわらかく、
ほんのりとした苦味があるのが特徴


ゆですぎたり、水にさらしすぎたりすると
豊富に含むビタミンCやカリウムが
流れ出てしまいます。


今日は菜の花をフライパンでさっとゆで

蒸し焼きしてもおいしいぐらいの菜の花は
少なめのお湯で、短時間での下ごしらえです。



『菜の花の浅漬け』
110227菜の花の浅漬け



【作りやすい分量】

菜の花・・・・・・1束(160g)

◆水・・・・・・・・・・・1カップ
◆塩・・・・・・・・・・・小さじ1
◆白だし(15倍濃縮)・・・大さじ1
◆細切り昆布・・・・・・・少し
◆鷹の爪・・・・・・・・・1本

削り節


【作り方】

①フライパンに水(分量外)を半分の高さほどまで入れて
 フタをして火にかける。


②菜の花は洗い、①のお湯が沸いたら加えて、数秒したら
 裏返してさっとゆで、冷水にとり、何束かに分けて
 水気を絞る。
*ゆですぎると食感が悪くなります。

③ポリ袋に◆を入れて混ぜ、①を入れる。
 空気を抜きながら巻き寿司のように巻き、口を閉める。
 もう1枚のポリ袋に入れる。(漏れ防止のため)
*大きめのフリーザーバックなどしっかりした
 ポリ袋が向いています。


③冷蔵庫に入れて半日(12時間)後~1日後が食べごろ。

カットして削り節をトッピング。
昆布も一緒にいただけます。




レシピの調味料は以前にご紹介した
小松菜の浅漬けと同じ分量。


菜の花の場合はゆでてから漬けているので
野菜からの水分が出ることが少なく、

生野菜を漬けるよりも短時間でしっかりと
味がしみこみます。




ほどよい食感とほろ苦さが残った春の味。


浅漬けにした菜の花。

ひと束作って浅漬けだけでは食べられない。。。
という場合にも、

★ゆで卵やツナと和えてマヨネーズをかけたサラダ風。

塩きのこと混ぜてそのまま和えものとして。

★オリーブオイルとにんにくでさっと炒めた
 ガーリック炒め。


などなど、アレンジも可能です。


菜の花は免疫力を高めるビタミンCやカロテンが豊富。

鉄分やカルシウム、食物繊維も多く含まれるので、
貧血気味の方や季節の変わりめに肌の調子が悪く
なる方にも嬉しい緑黄色野菜
です。


ちょっとした付け合わせやお弁当にも
作り置きが可能な浅漬け。


旬の味を堪能できる一品です。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
緑黄色野菜 | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。