スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
タラとじゃが芋の組み合わせといえば
思い出すのがブランダード

戻した干しタラとやわらかくしたじゃが芋に
生クリームやにんにくを混ぜた

タラ入りマッシュポテトのような南仏料理。
(ちょっとまとめすぎ(^^ゞ)


まだうら若き学生時代、おいしそうな料理が
たくさん出てくる小説にレシピがのっているのを見て、
よく作っていました。


最近では干しタラをすっかり見かけなくなって
しまったので、随分と作っていませんが。。。


タラとじゃが芋の組み合わせ
ヨーロッパ方面ではよくある料理のようです。


冷たい海で獲れる冬の代表的な魚「鱈」。


今日はそんなタラとじゃが芋の組み合わせを
味噌バターの味で煮てみました。


みりんとバターが味噌の塩分をまろやかにして
あっさりなタラとじゃが芋とぴったりな
味に仕上がりました~。



『タラとじゃが芋の味噌バター煮』
110223鱈とじゃが芋の味噌バター煮


【材料 3人分】

甘塩タラ・・・・・・・・3切れ
玉ねぎ・・・・・・・・・小1ケ
じゃが芋・・・・・・・・2ケ

◆水・・・・・・・・・・1カップ
◆酒・・・・・・・・・・大さじ2

●信州味噌・・・・・・・大さじ2
●みりん・・・・・・・・大さじ1
バター・・・・・・・・・10g

スナップえんどう


【作り方】

①玉ねぎは薄切り、じゃが芋は半分に切り、
 5㎜厚さに切る。

②フライパンに◆を入れ、玉ねぎとじゃが芋を入れて
 火にかける。

③②が煮立ったら、水気をふいたタラを皮面を下にして
 入れ、再び煮立ったらアクをすくい、
 弱火にしてフタをして5分煮る。
*タラを入れる際には玉ねぎとじゃが芋を寄せて
 入れます。


④混ぜ合わせた●を煮汁で溶きながら加え、
 バターも加える。
 スプーンで煮汁をタラにかけながら中火で煮詰める。

⑤器に盛り、さっとゆでのスナップえんどうを添える。


【ひとこと】

☆フライパンは直径26㎝のものを使っています。

☆コチジャンを加えても美味!

☆味噌は種類により、またタラの塩分により、量の加減を。

☆バターは最後に加えることで、
 香りが引き立ちます。




タラ低脂肪高たん白質

低脂肪なのに旨味があるのは旨味成分であるイノシン酸や
グルタミン酸
を豊富に含むためです。

目の健康やしっとり素肌に欠かせないビタミンA
カルシウムやリンの吸収に必要なビタミンDを多く含みます。


タラ(たん白質)+じゃが芋(熱に強いビタミンC)

⇒美肌
にも役立つ組み合わせです。


魚と一緒に野菜もしっかりいただける味噌バター煮。

他の白身魚やサーモン、鶏肉でもおいしくできそうです。( ̄∀ ̄*)



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
| コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。