スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ひじきのお手軽白和え

2011/02/17 Thu 20:00

お惣菜の定番、ひじきの煮つけ

我が家ではけっこう頻繁に登場する料理のひとつ。

油揚げ、にんじんを入れて、
ときには大豆水煮、こんにゃく、れんこん、ごぼうなど
ひじきよりも他の具材が多くなることも。( ̄∇ ̄;)


一度に多めに煮ておき、
次の日には白和えにしたり、ひじきごはんに
することが多いです。

冷凍保存も可能なひじきの煮付けは
アルミケースに入れて冷凍すれば、
お弁当にそのまま入れられるので
重宝。

(ただし、こんにゃくが入っているものは
冷凍するとスカスカになり、食感が変わります。)


今日は即席塩豆腐を使っての
ラクチン白和え。

この白和え衣、ひじきに限らず、
ほうれん草や小松菜、春菊など青菜の白和えにも
活用できます。


豆腐の水きりはレンジにて、
練り胡麻は使わず(あればもちろん練りゴマでもOK)、
すりごまと白だしを使ったクリーミィな白和えです。



『ひじきのお手軽白和え』
110217ひじきの白和え


【材料 3人分】

ひじきの煮つけ・・・・・・160gくらい(煮汁なし)

絹ごし豆腐・・・・・・・・1/4丁(100g)
塩・・・・・・・・・・・・ひとつまみ

◆白すりごま・・・・・・・大さじ1
◆白だし(15倍濃縮)・・・大さじ1/2


【作り方】

①即席塩豆腐を作る。
 豆腐は1㎝厚さに切る。皿にキッチンペーパーを敷き、
 豆腐を置いて塩を均一にふりかけ、ラップをせずにレンチン。
(900w30秒目安)そのまま冷ます。

②豆腐の表面の水気もふきとり、ボールに入れて
 ホイッパーで混ぜ、◆を加えてさらに混ぜて白和え衣にする。

③ひじきの煮つけの汁気をきり、
 ②のボールに入れて白和え衣と混ぜる。


【ひとこと】

☆豆腐に塩をふってからレンチンすることにより、
 さらに冷めるまでしばらくおくことにより、
 短時間で重しをのせたときのようにしっかりと
 水気がきれます。




フープロやすり鉢がなくてもボールとホイッパーで
ラクチン♪

青菜のおひたしなど味のないものを白和えにするときは
いつもより多めの醤油絞りで素材に少しだけ下味を。

さらに白和え衣には薄口醤油を加えるなどして
上記レシピよりももう少し味を濃いめにすると
おいしくできます。


白だしない場合には「めんつゆ」を使ってもOK。
(少し茶色っぽい白和え衣になりますが。)



鉄分、カルシウム、食物繊維などが豊富に含まれたひじき。


にんじん、ごぼうなどと煮つけることにより、
ひじきのもつ浄血作用を高めるとともに
便秘にも有効に働きます。


さらに白和えにすると。。。


★ひじき+たん白質(油揚げ、豆腐、肉など)

  ⇒腸内でのビタミンB群合成力がアップ



★ひじき+豆腐、ごま

  ⇒高血圧予防、便秘予防



などの効果が期待できます。




おいしくてカラダも喜ぶひじきの白和え。

ひじきの煮つけが余ったときに、おすすめです。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
きのこ、海藻、乾物など | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。