スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
結婚してかれこれ18年になりますが、

ロールキャベツを作ったのは過去に
数えるほど。


というのも、

ロールキャベツ=ごはんのおかずではない


の思い込み図式がオットとワタシの中にあったため。


うちの家族は「ごはん」が大好きなので、
基本的にごはんのおかずになる料理が
多いのですが、

どうもロールキャベツはそれにあてはまらなかった。
(というイメージが私の中で勝手にあったのです。)


しかも、ナイフ&フォークで食べなければ、と。
(これも勝手なイメージ)


でもよく考えてみたらごはんに合う味付けにして
カットして箸でも食べられるようにしたら

ごはんのおかずになるわけで。。。



要はハンバーグの具材をキャベツで包んだ煮込み
料理ですものね。 気付くの遅っ( ̄∇ ̄;)


というわけで今日はごはんのおかずになる
ロールキャベツ♪


お肉は少なめですが、大きめのキャベツの葉を
使うことでボリュームはたっぷり!

ジューシィに仕上がるよう、肉には水を練り込み

最初に焼いてから煮込む、短時間でできる方法です。



『焼きロールキャベツ』
110215焼きロールキャベツ①


【材料 3人分】

キャベツ・・・・・・大きめの葉6枚

あいびき肉・・・・・150g
◆水・・・・・・・・大さじ1
◆塩・・・・・・・・小さじ1/2
◆こしょう・・・・・少々
◆ナツメグ・・・・・少々

玉ねぎ・・・・・・・1/2ケ
バター・・・・・・・5g

パン粉・・・・・・・大さじ2
牛乳・・・・・・・・大さじ2
卵・・・・・・・・・1/2ケ

サラダ油・・・・・・大さじ1/2

●水・・・・・・・・150ml
●顆粒スープの素・・小さじ1
●酒・・・・・・・・大さじ1

■赤ワイン・・・・・50ml
■ケチャップ・・・・大さじ2
■中濃ソース・・・・大さじ1


【作り方】

①キャベツは洗って大きめの耐熱皿に3枚ずつ重ねて並べ、
 ラップをふんわりとかけ、レンチン。(900w4分目安)
 ラップをしたままそのまま冷ます。
*肉が包めるほどのやわらかさまで。

②玉ねぎはみじん切りにしてバターとともに耐熱容器に入れ、
 レンチン。(900w1分)全体を混ぜてバターを溶かし、
 さらにレンチン1分。
 冷凍庫に入れて冷ます。
*レンチンした玉ねぎは炒めたときと同じように玉ねぎの
 甘さを引き出します。


③パン粉に牛乳を加えて浸しておく。

④あいびき肉に◆を加えて40回ほどねばりが出るまでこねる。

⑤②、③、卵を混ぜて④に加える。

⑥キャベツの芯の厚い部分をそぎ切り、みじん切りにして
 ⑤に加えて50回ほどこねる。

⑦⑥を6等分に分け、キャベツを広げて包み、
 巻き終わりをキャベツの間にしっかりと挟み込む。
*またはつまようじでとめる。

⑧フライパンに油を熱し、⑦を入れて中火で両面をこんがりと焼く。
*何度も裏返すとキャベツが崩れやすいので、
 焦げ目がついたら裏返すのは1回のみ。


⑨●を加えて強火にし、煮立ったら弱火にしてフタをして
 7~8分煮て火を通す。(スープが少し残る程度)

⑩■を加え、フライパンを傾けてスープと混ぜ、
 スプーンでスープをすくってキャベツにかけながら
 スープにとろみがつく程度まで強火で煮詰める。

⑪器にロールキャベツを盛り、ソースをかける。




切り口はこんな感じ。
110215焼きロールキャベツ②

カットしてから盛り付けると
箸でもいただきやすいです。



たっぷりのキャベツも肉汁とキャベツの甘味が
加わったおいしいソースでしっかりといただけます。


フライパンで煮込むと 魚をフライパンで煮付けるときのポイント
同じように、


◎口径が広いので多めの数でも重ねずに並べられる。

◎煮立つのがはやく、エコ調理が可能。

◎煮ている途中でもフチの高さが低いので、煮汁をかけやすい。

◎取り出すときにもフライ返しなど入れやすく、
 余裕があって、フチが低いので崩さずに取り出しやすい。



などのメリットがいっぱいです。


長く煮込むものは、口径の広いフライパンだと水分も蒸発しやすいので
フライパン煮込みは向きませんが、

煮魚やロールキャベツなど、比較的煮込み時間が短かく、
型崩れしやすいものは
フライパン煮込み
向いているかと思います。




もう少ししたら春キャベツも出回る時期。

最初に焼いて煮込み時間が短い
今回のロールキャベツは

やわらかい葉の春キャベツでも
おいしくできるレシピです。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(20) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。