スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
朝から雪の東京。

寒い1日でした。

また冬に戻ったようなお天気。


こんな寒い日にはカラダが芯から温まるうどんを。

先日のレシピ『れんこんのとろみスープ』
アレンジヴァージョン。


今日はカレー粉を使ってスパイシーな仕上がりの
カレーうどん。


カレーうどんといえば、
カレーライスの次の日の定番ではありますが、

敢えて今日は1から作るカレーうどん。


とはいってもめんつゆ使ってとろみはれんこん。


ゆでうどんをそのまま煮汁に加える方法なので
時間もかからずできあがり。


カレー粉の発汗作用でカラダも芯から温まり、
鼻詰まり気味の風邪ひきさんは
鼻も通るようになりますよ!

(ただし花粉症の方はカレー粉のスパイスで
粘膜を刺激してしまうことがありますので
辛味は調整してくださいませ。)



『とろみれんこんのカレーうどん』
110211カレーうどん


【材料 3人分】

ゆでうどん・・・・・・・・3玉

長ねぎ・・・・・・・・・・・1本
油揚げ・・・・・・・・・・・小2枚
レンコン・・・・・・・・・・120g

◆水・・・・・・・・・・・700ml
◆めんつゆ(3倍濃縮)・・・100ml
◆酒・・・・・・・・・・・・大さじ1

カレー粉・・・・・・・・・・大さじ2


【作り方】

①長ねぎは斜め切り。
 油揚げはキッチンペーパーで表面の油をふきとり、
 食べやすい大きさに切る。

②鍋に◆を入れて煮立て、長ねぎと油揚げを加えて
 2~3分煮る。

③カレー粉に煮汁を少し入れて溶き混ぜ、
 ②に加える。

④ゆでうどんを加え、さらに皮をむいたれんこんを
 すりおろしながら加えて混ぜ、2~3分煮る。


【ひとこと】

☆カレー粉大さじ2は少し辛めの仕上がりです。
 辛いもの苦手な場合はカレー粉の量を減らし、
 牛乳や豆乳を加えるとマイルドに。

☆冷凍うどんを使う場合にはレンジで
 やわらかくしてから加えます。





カレー粉はさまざまなスパイスの集合体。

発汗作用で新陳代謝を高めて胃腸の働きを
よくする
などの効果が期待できます。


れんこんのとろみはじゃがいもをすりおろして
とろみにしても
OK!


今日のレシピ、肉は入っていませんが、
油揚げとめんつゆのおかげで旨味は十分。


カラダの内側からポッカポカ!

手足の先まで温まるうどんです。



********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
麺類、パスタ | コメント(20) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。