スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

小松菜のあんとろ煮浸し

2011/01/23 Sun 19:07

Happy Birthday アタシ。

晴れて42歳となりました。( ̄▽ ̄)



この世に送り出してくれた両親にありがとう

そして私を支えてくれるすべての人々へ
ありがとう!!



今日は長年愛飲しているフラコラのイベントで、

レッグ・コンシャリスト斉藤美恵子先生
骨盤エクササイズのレッスンを受けて参りました。


骨盤、歪んでました。
さらに足の長さも左右違いが。。。( ̄∇ ̄;)


以前は骨盤エクサを毎日継続していたり、
姿勢や歩き方も意識していたつもりでしたので
多少自信(なんの?w)はあったのですが、

やらなくなってしまったらやはりダメですね。


歪みがあると、プロポーションや見た目が
悪くなるばかりか、

血流も悪くなったりして冷えや腰痛の原因にも。


残りの人生、有意義に楽しく過ごすためにも

明日からまたDVD観て、エクサにゆるく励もう、
と誓った誕生日でした。




今日のレシピ、誕生日だからといって豪華ディナーではなく、
私らしい(と思っている)ヘルスィー地味滋味レシピを。


カルシウムたっぷりの小松菜の煮浸しです。

小松菜の煮浸し、私が小さい頃から母がよく
作ってくれた料理。

必ず油揚げが入っていました。

油揚げ、少し加えると旨味が加わっておいしくなるのが
嬉しいところ。

その部分は一緒ですが、煮汁を少なくして
とろみをつける
のは勝手なワタシのアレンジです。


煮汁を少なくすれば加える調味料も少なくてすみ

とろみをつけることによって
煮汁が小松菜にからんで美味しくいただくことができ、
冷めにくい、
という嬉しい効果も。

とろっととろみ餡の煮浸しですので、
「あんとろ煮浸し」

フライパンひとつでお手軽調理でもあります。

「白だし」を使っているので、
あと一品欲しい、ってときにも
カンタンに作ることができますょ。


『小松菜のあんとろ煮浸し』 
110123小松菜のあんとろ煮浸し


【材料 2~3人分】

小松菜・・・・・・1/2束
油揚げ・・・・・・小1枚

サラダ油・・・・・大さじ1/2

◆水・・・・・・・・・・・1/2カップ
◆白だし(15倍濃縮)・・・大さじ1

とろみちゃん(or水溶き片栗粉)
柚子(あれば)


【作り方】

①小松菜は3㎝ほどのざく切りにする。
 油あげはキッチンペーパーで表面の油を
 ふきとり、食べやすく切る。
 ◆は混ぜておく。

②フライパンに油を熱し、小松菜の軸の方から
 入れて強火で炒め、油がまわったら葉の部分と
 油揚げを加え、さらに炒める。

③しんなりとしてきたら混ぜた◆を加え、
 煮立ってきたらとろみちゃん(or水溶き片栗粉)で
 とろみをつける。

④器に盛り付けて(あれば)柚子の皮をちらす。


【ひとこと】

☆白だしは15倍濃縮のものを使っていますが、
 小松菜からも水分が出てくるので、
 少し濃いめに薄めてあります。



小松菜の甘味が生きたやさしい素朴な味。

油で炒めることにより、
カロテンの吸収もアップします。



小松菜は、免疫力のアップに役立つ
カロテン、ビタミンCが豊富。

風邪がはやっている今の時期、
積極的に摂りたい野菜のひとつです。

さらに野菜の中でもカルシウムが豊富ですので、
成長期のお子様やご年配の女性にも嬉しい野菜。


カリウム鉄分などのミネラルや食物繊維
豊富に含まれます。


また、血流を良くしてカラダを温める作用がありますので、
冷えが気になる方もおすすめです。


カラダを温める野菜をあたたかい料理にして
柚子やショウガなどカラダを温めるトッピングを加えれば
さらにカラダ温め効果がアップです。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
緑黄色野菜 | コメント(38) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。