スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
早くも1月5日。

あっちゅーまにお正月気分も抜けてますが、
昨日は残った黒豆&煮汁でいろいろ作ってみました。

※今日の記事、かなり長いです。( ̄∇ ̄;)

その前に。。。
一昨日の記事、黒豆のブランデー漬け
興味を持ってくださった方がけっこういらっしゃいましたので、
ちょっと追記を。

今回余っていたブランデーがありましたので、
80mlほどのブランデーを小鍋に入れて火にかけ、
ブランデーに火を入れてアルコールを飛ばしたものを

すでに食べられる状態にした黒豆に
ひたひたぐらいに漬けこみました。(1日以上)

アルコール分は飛ばしているもの、
どっぷりのブランデーに漬けこんだ黒豆は
ほどよく甘味が抜けて、まるでおつまみ。



そこまでブランデー使わなくても、
しっかり煮た後の煮汁に少しだけブランデー
たらしたり、

煮汁がなくてもブランデーを少しふりかけて
時々混ぜて1日ほどおいても

ブランデーの風味が黒豆に移り、
香り高い黒豆になるかと思います。

煮た黒豆を買ってきて
そこにブランデーふりかけてもOK!

これならラクチンに楽しめますね。^^


(煮るときにブランデー加えると
香りが飛んでしまうかも、です。)


あと、お酒はブランデーに限らず、
ラム酒やコアントロー、カルーアなど
お菓子作りに使われるような

香り高いお酒なら黒豆とも相性が
よいかと思います。

(わざわざ買ってくるほどのものでもないけど(^^ゞ
おうちにあったら試してみてねん♪)


そんなブランデー漬けの黒豆を使ったオードブル~♪

110105黒豆その後①


塗るタイプのクリームチーズ
カットしたクラコットに塗り、

黒豆のブランデー漬け刻んだ柚子の皮
のせました。


クリームチーズと黒豆の相性は抜群!

おまけに柚子の香りがポイントになり、
一口サイズでいくらでもイケちゃいます。( ´艸`)


ついでに・・・黒豆+柚子は彩りはモチロン、
味の相性もなかなか。

黒豆煮たものに刻んだ柚子の皮をちらしても
おいしいです。^^


そしてたっぷり残った煮汁は豆乳プリンに!

『黒豆豆乳プリン』
110105黒豆その後②
ピントがお皿の向こう側に合ってマス。肝心のプリン、ボヤけててごめんなさい。(>_<)


【材料 4ケ分】

◆黒豆煮汁・・・・・・150ml
◆豆乳(無調整)・・・200ml

粉ゼラチン・・・・・・5g
水・・・・・・・・・・大さじ2

<トッピング>
黒豆、柚子の皮


【作り方】

①ゼラチンは水に振り入れてふやかす。

②◆を鍋に入れて火にかけ、
 鍋のフチがフツフツとしてきたら
 火を止め、①を加えて完全に溶かす。
*完全に溶けたか不安な場合はザルでこしてみます。

③器に流し入れ、粗熱をとり、冷蔵庫で冷やし固める。

④黒豆と柚子の皮をトッピングする。




最近のゼラチンは水に浸さなくてもOKで
粉のまま液体に溶けるものが多いですが、

そういうタイプのものでもなんとなく
昔からのクセで水に浸してから加えてます。私。


煮汁にけっこう糖分入っているので
改めて砂糖は加えません

豆乳も調整豆乳だと少し甘味があったりするので
無調整を使っています。


黒豆は入れてしまってもいいのですが、
今回はトッピングにしてみました。

液体350mlに粉ゼラチン5g
少しやわらかめな仕上がり。

豆乳と煮汁の割合は煮汁の味加減にも
よりますので上記レシピはあくまで目安として
調整してくださいませ。


コレ、たくさん残った煮汁もしっかり使えるので
おすすめです。

黒豆も豆乳もどちらも元は「豆」なので
相性は◎♪

黒豆の煮汁と豆乳、どちらも
イソフラボンがたっぷりです。

イソフラボン女性ホルモンのエストロゲン
似た働きをする栄養素。

美肌効果も期待できます!


さらに残った煮汁は大福に~

『やわらか黒豆チーズ大福』
110105黒豆その後③
つぶれたチョコ大福じゃないよ~( ̄∇ ̄;)


【材料 8ケ分】

白玉粉・・・・・・・・100g
黒豆煮汁・・・・・・・100ml
水・・・・・・・・・・50ml

◆黒豆(煮たもの)・・・60g
◆クリームチーズ・・・・50g

片栗粉・・・・・・・・適量


【作り方】

①黒豆煮汁と水を混ぜ、レンジOKのボールなどに入れた
 白玉粉に加える。

②白玉粉のツブツブを手で崩すようにしながら混ぜる。
*最後にザル(万能こし器)で漉すとダマがわかって
 きちんと最後までつぶせます。


③ラップをふんわりとしてレンチン
 600w 2分⇒混ぜる⇒600w 2分⇒混ぜる⇒600w 30秒~1分
*ボール(器)が小さいとあふれ出るのでご注意を。

④③の間に◆を混ぜ、スプーンなどで8等分にする。
*クリームチーズが固い場合はレンジで少しやわらかく
 してから黒豆と混ぜます。


⑤片栗粉をバットに広げ、③を入れて両面に片栗粉をつける。
*とっても熱いのでやけどにご注意を。

⑥8等分に分け、それぞれ④を包み、さらに片栗粉をまぶして
 丸く形をととのえる。


【ひとこと】

☆煮汁に糖分が含まれるので冷めても硬くなりにくいです
 よって⑥の作業は少し冷ましてから行ってもOK。

☆煮汁の糖分により、皮はかなりやわらかめの仕上がりです。

☆クリームチーズ使わなくても黒豆を生地に混ぜこんで
 しまったり、黒豆だけ中に入れて丸めてももちろんOK♪
 (その方がご年配の方など食べやすいかも(^^ゞ)




塗るタイプのクリームチーズを使っているので、
画像のように、中のクリームチーズはとろけている状態。

なかなかコクのある大福に仕上がりました。



黒豆&煮汁活用、しつこいですがこちらもおすすめ⇒『黒豆蒸しパン』


パンに煮汁ごと加えてもおいしいし、
ブランデー漬け&漬け汁はケーキに使っても美味。
チーズケーキにも使えそう。( ̄∀ ̄*)


おいしくってカラダにも嬉しい成分がいっぱいの
黒豆&煮汁。

お正月でなくてもまた煮たいと思いました。^^


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
豆類 | コメント(26) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。