スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

小松菜の浅漬け

2010/12/16 Thu 20:55

私が育ったところでは11月の終わりに野沢菜を漬け、
そろそろ浅漬かりがおいしい頃。

先日、実家の父親と話をしていると、

「今年の冬は暖かいから野沢菜が(冬の間)
もつかどうか心配」

という話をしていました。
(今日ぐらいの寒さが続けば大丈夫ですね!)


信州では11月に漬けた野沢菜が冬の間は毎日食卓に
登場する冬の保存食でもあるのです。


今の時期の浅漬けもおいしいですが、
冬も終わりがけのちょっと酸味が出てきたものは
炒めたり、煮ものにしたり。

ごはんがすすむおかずになります。

寒い地方の冬を乗り切るための先人の知恵ですね。


東京では野沢菜が手に入らないので、
本格的な野沢菜漬けはできませんが、

入手しやすい小松菜を浅漬けにして
ちょっとだけ野沢菜気分♪


小松菜はアクが少ないので浅漬けにも向いています。



『小松菜の浅漬け』
101216小松菜の浅漬け


【作りやすい分量】

小松菜・・・・・・1/2束(100g)

◆水・・・・・・・・・・・1カップ
◆塩・・・・・・・・・・・小さじ1
◆白だし(15倍濃縮)・・・大さじ1
◆細切り昆布・・・・・・・少し
◆鷹の爪・・・・・・・・・1本

削り節


【作り方】

①小松菜はよく洗い、葉と軸に切り分ける。

②ポリ袋に◆を入れて混ぜ、①を入れる。
 小松菜を底の方に広げ、空気を抜きながら
 巻き寿司のように巻き、口を閉める。
 もう1枚のポリ袋に入れる。
*大きめのフリーザーバックなどしっかりした
 ポリ袋が向いています。


③冷蔵庫に入れて半日(12時間)後~1日後が食べごろ。
 2~3日は冷蔵庫保存でおいしく召し上がれます。

カットして削り節をトッピング。
味が薄い場合にはだし醤油を少しかけてどうぞ。




レシピの調味料は以前にご紹介した
だしトマトだしレタスと同じ分量。


あ、もちろん「浅漬けの素」でもいいのですが、
白だしあれば、浅漬けもお手軽です。


お弁当のとき、野菜を補うのにも彩りにグリーンが
足りないときにも重宝。



12月~2月が旬の小松菜は、
免疫力を高めて風邪予防にも有効
カロテンやビタミンCが豊富。

同時にカルシウムも補えます。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


おいしいごはんで明日もハッピーな1日を過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
緑黄色野菜 | コメント(9) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。