スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

さばキムチ

2010/12/14 Tue 21:00

脂ののったサバはこんがりと塩焼きにして
大根おろしで食べるのが大好きです。

一夜干しのフィレ冷凍ものは解凍すれば
焼くだけでおいしくなるので

冷凍庫に入っていることも多い我が家。


ただ、焼き魚ばかりだと飽きてしまう。(私が( ̄∇ ̄;) )


今日はキムチと一緒に炒めてみました。

サバ一夜干しもキムチも塩分強めなので
えのきを加え、ほどよい味加減に。

火を通すと少しとろりとするえのきは
キムチとサバをつなぐ役目も果たしてくれます。



『さばキムチ』
101213さばキムチ


【材料 2~3人分】

さば一夜干し(フィレ)・・・・・・・2枚
片栗粉・・・・・・・・・・・・・・・大さじ山盛り1
サラダ油・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
えのき・・・・・・・・・・・・・・・大1/2袋(100g)
キムチ・・・・・・・・・・・・・・・100g
万能ねぎ(小口切り)


【作り方】

①さば一夜干しは水気をふきとる。
 
 <骨を除く>
 腹骨部分を包丁でそぎとる。
 真ん中の骨部分ギリギリのところに包丁を入れて
 (皮まできちんと切れるように下までしっかり)
 骨に沿って縦に切る。
 反対側の骨部分ギリギリのところに包丁を入れて
 同じように切り、骨部分をはずす。


 残っている骨を除き、ヒレなどの硬い部分も除く。

 食べやすい大きさにそぎ切りにして片栗粉をまぶす。

②えのきは石づきを除き、半分に切る。

③フライパンに油を熱し、サバの皮部分を下にして
 重ねないように入れ、強めの中火でこんがりと焼く。

④裏返してサバをフライパンの隅に寄せ、
 空いたスペースにえのきをほぐしながら加えて炒める。

⑤えのきがしんなりとしてきたら
(そのころにはちょうどサバもこんがりと焼けている頃)
 えのきの上にキムチを加えて強火で炒め、えのきと
 混ざったところでサバも混ぜるように全体を炒める。

⑥器に盛り、万能ねぎの小口切りをちらす。


【ひとこと】

☆サバの骨、大きな毛抜きのような「骨抜き」を使っても
 いいのですが、面倒な場合は上記レシピのように
 できるだけ身を切らないように包丁で除いてしまう方法も。




骨を除くのがちょっと大変かもですが、
こんなふうに一口大にすると

魚も野菜と炒めておいしい逸品に。


サバに含まれるDHAは脳の働きを活発にして
記憶力や集中力を高めてくれます

受験生ばかりでなく最近忘れっぽくなった私にも
必要な栄養素。( ̄∇ ̄;)


サバのようにクセの強い魚はこれまた香りの強い
キムチやニラなどがよく合います。

(今回はニラなかったので入れてませんが。)


さばキムチ、豚キムチのようにごはんにはもちろん
おつまみとしてもイケる味です。

丼にして温泉卵をのせても美味~♪


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


おいしいごはんで明日もハッピーな1日を過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
| コメント(10) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。