スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ベジちらし

2010/10/11 Mon 21:43

今日は昼間28℃まで気温上昇の東京。

カラっとした秋晴れでとっても気持ちのよいお天気でした

皆さま素敵な連休を過ごされたでしょうか~^^


私は。。。

最近、揚げものの試作が続いていたのでちょいと胃もたれ気味。(w)

揚げているだけでも鼻から吸い込む油の熱気で
お腹がいっぱいになってしまうほどですが、

作った数種類をできたてと冷めたときとの両方
試食しなければならないので、ちょっとカラダ(胃腸)を
酷使しておりました。

30代前半ぐらいまではヘーキだったんですけどね。
揚げもの続きでもどれだけ試食仕事が待っていても。

フードファイターなんて喜んでいいのかわからないことも
言われておりました。( ̄∇ ̄;)アハ


それでも家族は時間になればお腹をすかせているので、
ごはんは作らなければなりません。

今日はさっぱり酢飯と野菜たっぷりのベジちらし。

コレ、ぢつは義母直伝のオットの好物でもあります。

しっかり味をしみこませた乾物や野菜などを酢飯に混ぜこんだ
ちらし寿司。

ちらし寿司、とはいってもエビや刺身などの特別なものは
使わず、乾物や常備野菜を使った地味~なベジちらし。


乾物は保存がきくものですし、他の野菜などもたいてい家に
あるものなので、食べたい!と思いたったときにできること、

外出していて帰って慌ててばんごはんの準備しなくちゃ、
というときにも

朝、具材だけ準備しておけば帰って混ぜるだけなので
案外重宝。

レシピは4人分ですが、うちでは3人で食べきってしまいます。( ̄▽ ̄)


『ベジちらし』
ベジちらし?


【材料 4人分】

米・・・・・2合

<寿司酢>
砂糖、米酢・・・・・・各大さじ3
塩・・・・・・・・・・小さじ1弱

白ごま・・・・・・・・大さじ山盛り1

<具材>
かんぴょう・・・・・・戻したもの50g
干しいたけ・・・・・・2枚
こんにゃく・・・・・・50g
にんじん・・・・・・・3㎝くらい
油揚げ・・・・・・・・小1枚
だし昆布・・・・・・・3×6㎝ 2枚

◆干しいたけ戻し汁+水=2カップ
◆酒、みりん・・・・・・各大さじ1
◆砂糖、醤油・・・・・・各大さじ2
◆だしの素・・・・・・・少々

<錦糸卵>
卵・・・・・・・・・・・2ケ
砂糖・・・・・・・・・・小さじ2
白だし・・・・・・・・・小さじ1/2

<トッピング>
きざみのり、万能ね(小口切り)、ガリ(or紅しょうが)


【作り方】

<下準備>
・かんぴょう、干しいたけはあらかじめ戻しておく。(戻し方は下記参照)

①具材を煮る。
・戻したかんぴょうは細かく刻む。
・戻した干しいたけは薄切り。
 (厚めのシイタケの場合にはそぎ切りにしてから千切り)
・こんにゃく、にんじん、油揚げは小さめの千切り。

 すべてを鍋に入れて昆布と◆を加えて落としぶたをして強火。
 煮立ったら弱火で10分、味をみてOKであればさらに10分。

 火を止めてそのまま放置する。(時間のないときはすぐに次へ)

 冷めたら昆布を取り出し、鍋に戻す。

②錦糸卵を作る。
 卵を溶きほぐし、(菜箸で白身をすくいあげて切るように)
 砂糖、白だしを混ぜ、数回に分けて薄焼き卵を作る。
 逆さまにしたザルの上にのせて冷まし、千切り。
*面倒なときは炒り卵でも!

③寿司酢の材料を混ぜておく。
*混ぜたときに砂糖が完全に溶けていなくても、しばらくすると
 溶けます。


④ごはんを炊飯器にセットする。
*新米の場合は水を少なめに。

<仕上げ>

①炊きたてのごはんを大きめのボールに入れて寿司酢をまわしかけ、
 白ごまも加えてしゃもじで切るように、底の方から混ぜ、
 うちわであおぐ。

②①の間に具材の鍋を火にかけ、強火で残った水分を飛ばすように
 時々混ぜて温める。
*煮汁が残っていると仕上がりがベシャっとしてしまいます。

③①のごはんが完全に冷めきらないうちに、温めた②を加えて混ぜる。
*ごはんと具材の両方が温かいうちが混ぜやすいです。
*しばらく置く場合は乾燥してしまわないよう、
 濡らしたキッチンペーパーをかけておきます。


④器に盛り、きざみのり、錦糸卵、ガリ、万能ねぎをトッピングする。

 

【ひとこと】

☆ごぼう、レンコンなどもあれば具材に加えるとよく合います。

☆錦糸卵にも味付けするのが我が家流。
 残った錦糸卵は冷凍も可能です
 炒めものの彩りや和え物などに使えます。



【かんぴょうの戻し方】

★水洗いしたかんぴょうに多めの塩をふり、もみ洗い。
 しっかりと水洗いしたあと、沸騰したお湯に入れて
 5分ほどゆで、水にさらします。

 水気をしぼり、必要な分だけをとったら残りは
 刻んで冷凍庫へ。ジップロックなどの袋に広げて
 入れて冷凍保存すれば
、味噌汁や和え物、炒め物、
 煮ものなどにもすぐに使えて便利です。


【干しいたけの戻し方】

砂糖を加えた水で戻すとはやめに戻ります。

★急ぐときには砂糖水に入れてレンチン。
 小さめの皿で浮いてくるしいたけをおさえるように
 重しをします。

★多めに戻しておいて、冷凍保存も可能です。



【ガリ】

使ったガリは新ショウガを薄切りスライサーで
スライスして、上記配合の寿司酢に漬けたもの

(漬けてから3日目ぐらいが食べ頃)

ちらし寿司の他にも焼き魚のあしらいや、
刻んで和えものにも便利。

刻んだものをごはんに混ぜたショウガごはんも
さっぱり美味です。


【万能ねぎ】

根付きのものを買ってきたとき、植木鉢にて土保存
彩りや薬味にちょっとだけ使いたいときにすぐ使え、
しばらくするとまた伸びてきます。

※長~い万能ねぎ、寝かせて植えて日当たりのよい場所へ。
 徐々に万能ねぎが立ちあがってきますよ。


ベジちらし?



普段、登場することの少ないかんぴょうは
食物繊維が豊富。

だしとして使った昆布も刻んで余すことなく
具材として使っているので、


カリウムやビタミンなどの栄養素も
ムダなく摂ることが可能です。


エビやお刺身が豪華にのったちらし寿司もいいけれど、
いつもある材料で作れるこんな素朴なベジちらしも
たまにはいいもの。

ちょっと甘め&濃いめの味付けですので、
味加減は調整を。


********************************

~お知らせ~

『料理とアロマのコラボレーションセミナー』

料理もアロマも植物たちの大切な命をいただくという
根っこは一緒。
今回のセミナーでは同じハーブやオイルを使っての料理と
アロマクラフトの実践をいたします。

■日時:11月20日(土)11:30~14:45

■場所:東京自由ヶ丘
  カフェ スプーンブレッド

■参加費:6000円

■内容:
第1部 お料理教室
第2部 アロマクラフト教室
 

アロマセラピストのmariさんとワタクシとのコラボセミナーです。^^

詳細はコチラから⇒⇒⇒(クリックでジャンプします。)

■申し込み
 お名前(ハンドルネームある方はハンドルネームも)、
 電話番号を明記の上、このブログのサイドバーにあります
 メールフォームからお願いします。



アロマと料理の深~いつながり。。。ご一緒に癒されながら
おいしく味わって楽しみませんか?

お申込み、お待ちしております(^^♪


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。


レシピブログに参加しました!


人気ブログランキングへ


おいしいごはんで明日もハッピーな1日を過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
ごはん、餅 | コメント(28) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。