スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
おいしいスープができました~♪

「ビシソワーズ」といえばもはや夏の定番冷製スープで
ありますが、

今が旬のとうもろこしを加えてみたら、

とうもろこしの甘味が生きた旨旨スープに!


うちではクリームコーン缶を使った『お手軽コーンスープ』
よく作りますが、

フレッシュのとうもろこしが美味しい今の時期は
その味を最大限に生かしたいっ!です。


圧力鍋を使って火にかける時間は最小限にてエコ調理。

ちょいとひと手間ではありますが、できあがったスープは
漉して舌触りよくし、暑いときでも食べやすく仕上げました。



『とうもろこしのビシソワーズ』
とうもろこしのビシソワーズ


【材料 3~4人分(600ml分)】

玉ねぎ・・・・・・小1ケ
じゃがいも・・・・1ケ
とうもろこし・・・1本

水・・・・・・・・250ml
スープの素・・・・1ケ
牛乳・・・・・・・200cc
塩・・・・・・・・小さじ1/4
生クリーム・・・・100ml

ドライパセリ


【作り方】

①玉ねぎは半分に切って薄切り。
 じゃがいもは5~7㎜厚さのいちょう切り。
 とうもろこしは半分に切ってから包丁で実をそぐ。

②圧力鍋に①の野菜と水、スープの素、塩を入れて強火にかける。
 (圧力は強)

③おもりが上がって湯気が出てきたら弱火にして5分
 火を止めて冷めるまでそのままおく。

④ミキサーに③と牛乳を入れて20秒ほど撹拌する。

⑤④に生クリームを加えて混ぜ、万能こし器などでこす。

⑥冷蔵庫でよく冷やし、器に盛り、ドライパセリをふりかける。


【ひとこと】

☆牛乳→豆乳に替えてもOK。

☆生クリーム、今回は乳脂肪35%の軽めのタイプを使いました。
 夏のスープ、さっぱりとコクを出すために。

☆圧力鍋でなく、普通の鍋の場合は煮立った後、
 15~20分、弱火でコトコトと煮てください。


朝ごはんにぴったりのスープではありますが、
朝から冷たいスープをゴクゴク飲んでしまうと、

お腹の調子が悪くなってしまう場合も。

このスープ、温めてポタージュとしてもとってもおいしいので
夏でも温かいタイプにしてもよいかと思います。


【ヘルシーおいしさポイント】

★バターやオイルを加えていませんが、乳脂肪低めの
 生クリームを使うことによって、さっぱりだけどコク旨な仕上がりに。




じゃがいもカリウムを豊富に含み、カラダの中の余分なナトリウムを
排出させる働きがあるので、

血圧を下げるとともにむくみ解消にもお役立ち。

熱に強いビタミンCも豊富に含まれます。


とうもろこしビタミンB1、B2、E、カルシウム、マグネシウムなどの
微量栄養素が意外に多く含まれます。


玉ねぎ硫化アリルの働きで、ビタミンB1の吸収をよくし、
疲労回復に役立ちます。


いつものビシソワーズにともろこしを使ってのエコ調理。

夏をおいしく味わえますよ。^^


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。


レシピブログに参加しました!


人気ブログランキングへ


おいしいごはんで、暑さに負けずに過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ



★TV番組『魔女達の22時』で人気爆発!★


★人気女性誌掲載のリアルクローズが大集合★

スポンサーサイト
スープ、汁もの、鍋 | コメント(36) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。