スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ぶっかけトマトそうめん

2010/07/18 Sun 21:19

そうめんや冷麦がおいしい季節ですね。

これだけ暑くなってくると、おうちランチでは
毎日そうめんでもいいぐらい。。。
(と私は思ってしまいます。)

めんつゆにしょうがやみょうが、青じそやきざみのり
などのの薬味で、といつもの食べ方ばかりだと

飽きてしまうのは私だけではないと思います。(^^ゞ

冷たい蕎麦やうどん、冷やし中華、っていう手も
ありますが、

やっぱりそうめん!食べたいっていうとき。

でも違う食べ方で、しかも野菜も一緒に食べられる。
今日はそんなぶっかけ麺をご紹介。

たっぷりトマトと一緒にそうめんがおいしく召し上がれますよ。


『ぶっかけトマトそうめん』
ぶっかけトマトそうめん


【材料 3人分】

そうめん(乾麺)・・・・・・・・300g

トマト・・・・・・・・・・・・・大1ケ
◆めんつゆ(3倍濃縮タイプ)・・・ 100ml
◆水・・・・・・・・・・・・・・・250ml
◆カレー粉・・・・・・・・・・・・少々

●青じそ(千切り)、きざみのり、揚げ玉


【作り方】

①お湯をわかし、そうめんを表示通りにゆでる。

②トマトは7㎜角に切り、◆の材料と混ぜ、
 冷蔵庫で冷やしておく。

*カレー粉は辛いのが苦手な方は風味程度の少なめにて。
辛いのお好きな方は多めで。お好みより、調整を。


③①のそうめんをざるにあげて流水で洗い、
 (できれば)氷水で冷やし、しっかりと水気をきる。

④器に③のそうめんを盛り、②をかけ、
 ●をトッピングする。


【ひとこと】

☆めんつゆは3倍濃縮タイプを使っていますが、
 トマトにかなりの水分が含まれるため、
 
 水の量はめんつゆの3倍よりも少なめの量
 ちょうどよい味になるかと思います。

☆素早くトマトつゆを冷やしたい~!というとき、
 加える水の量を少し減らし、そのぶんを加えて
 ぐるぐる混ぜます。あっちゅーまに冷たいつゆになりますよ。

 (水を計量する際にまず氷を入れて、それから目盛まで
 水を加えると
確かです。)→いつものそうめんつゆのときにも使えますょ。 

☆そうめんは塩水を使って作られています。
 ゆでたあとの水洗いはしっかりと!

☆トマトはかなり大きめのものでしたので、
 3人分で1ケでしたが、中ぐらいの大きさのもので
 あれば、2ケぐらい入れてしまってもOK!

☆小さなお子様やご年配の方、トマトの皮が気になる
 場合は、皮をむいてからカットしてくださいね。



~トマトの皮のむき方~

◎完熟のものならそのままでも包丁でスルっとむきやすいです。

◎むきにくい場合はヘタの方にフォークをぶっ刺し、
 直火で皮全体が焦げる程度に炙って水につけるとするりとむけます。
 
 →ただし、そうめんをゆでるお湯を沸かしている場合は、
 そうめんをゆでる前にてっぺんに十文字に切れ目を入れたトマトを
 さっと沸騰したお湯につけてから水につけてもOK。
 (そうめんはそのあとでゆでます。)

◎または1~2時間ほど冷凍庫にトマトを入れて表面を凍らせても
 むきやすくなりますよ。
 



意外かもしれませんが、トマトには旨味成分である
グルタミン酸(アミノ酸の一種)が豊富に含まれます。

完熟しているものほどグルタミン酸は多く含まれます。

それだけでもおいしい「めんつゆ」に、旨味成分が
たっぷりと含まれたトマトを加えることによって
おいしさ倍増

さらにカレー粉を少し加えることにより、風味がよくなると
ともに、暑いときにはスパイシーな”いいにおい”
食欲をそそります。

グルタミン酸脳神経細胞のエネルギー源となるアミノ酸の
ひとつですので、暑いときに頭がボーっとしてしまいがちな方(←私( ̄∇ ̄;) )
にはトマトも嬉しい野菜。

完熟したものをいただくと、より効果が期待できます。


揚げ玉はあれば、でいいのですが、
少し加えるとコクが加わるとともに、カリっと食感
よくなり、よりおいしく。

(天ぷら揚げたときに残った衣で作っておくと便利。
冷蔵、冷凍保存が可能です。早目に使ってくださいね♪)


夏においしいそうめん。
いつもの食べ方に飽きてしまったときにぜひお試しを~☆
 

*:.。. .。.:*・゜゚・*☆.。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆.。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆.。.:*・゜


こんなプリッツ見つけました~

プリッツ

ホタテバター味のプリッツ。
このほかにも数種類あり、東日本と西日本では
違う味のものが売っているようです。

東日本編:ホタテバター味、餃子味、小倉トースト味

西日本編:ねぎ焼味、焼あなご味、ゆずこしょう味


ゆずこしょうや小倉トースト味はなんとなく想像できますが、
焼あなご味って。。。。どんな??(;一_一)

あのタレの味であるならば「うなぎ味」でもいいのでは、と
ひとりでつっこんでおりました。

ホタテバター味はまぁご想像の通りの味です。(どんな??(^^ゞ)

個人的にはねぎ焼味が食べてみたいな~。

こういうのって不思議なもので、手に入らないと思うと、
そちらの方が食べてみたくなってしまうものではないですか。ヽ( ̄▽ ̄)ノ


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。


レシピブログに参加しました!


人気ブログランキングへ


おいしいごはんで、暑さに負けずに過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ



★TV番組『魔女達の22時』で人気爆発!★


★人気女性誌掲載のリアルクローズが大集合★

スポンサーサイト
麺類、パスタ | コメント(28) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。