スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
かぼちゃは年中出回る野菜ではありますが、
国内産のものは夏に旬を迎える品種が多くあります。

野菜売り場では半分、または1/4にカットしたものが
殆どで、一人暮らしや少人数家族のおうちには便利ですね。

カットしてあるかぼちゃを買った場合には、
種のある”ワタ”部分から傷んできますので、

冷蔵庫にしまう前にワタ部分を取り除いてから
保存しましょう。

※ただしすぐに調理するのであれば、できるだけワタ部分も
 一緒に!βカロテンが果肉の5倍近く含まれます。

(少々口当たり悪いので、お好みもありますが。。。)


まるごとのかぼちゃを入手した際には、そのままであれば
2か月ほどは常温保存が可能。

切るときには皮が硬い品種の場合、女性の力では
とってもとっても切りにくいものです。

表面に包丁が入る程度にレンジにかけてから切ると
誤って手を切ることもなく、切りやすくなります。
(よく切れる包丁を使うことも大事です。)

※表面に少し熱が加わることにより、傷みやすくなるので、
 はやめに使うか、使いきれない場合はカットしてから
 生のまま冷凍保存も
可能です。





今日は、玉ねぎのように少し先端が尖った形が
特徴的で可愛らしい北海道産の「九重かぼちゃ」を使った料理です。

このかぼちゃ、黄色が濃く、栗のようにホクホクの
食感が特徴的。

黄色が濃いぶん栄養価も他の品種以上に高いといわれています。


普段、かぼちゃは煮物以外のサラダやスープにするときなど、
レンジ調理をすることが多いのですが、

本日ご紹介のレシピはフライパンを使って蒸し煮にする方法。

フライパンを使っての蒸し煮料理は以前に「ブロッコリーのにんにく蒸し」
ご紹介いたしました。

少しのお湯で蒸し煮にしますので、

■煮立つまでの時間が短くてすむ。(⇒エコ調理)

■栄養分がゆで汁に出てしまうことを最小限にすることができる。
 (⇒食物の栄養素をムダなくいただける)

■素材そのものの旨味を逃すことなくいただける。
 (⇒おいしい仕上がり)


などいいことずくめ♪


今日のかぼちゃも素材の味をそのまま味わえるよう
味付けも塩とバターでシンプルに仕上げました。


『ほっくりかぼちゃの塩バター』
ほっくりかぼちゃの塩バター


【材料 2~3人分】

かぼちゃ・・・・・・・・180g
水・・・・・・・・・・・100ml
バター・・・・・・・・・10g
塩・・・・・・・・・・・少々


【作り方】

①かぼちゃは食べやすい大きさに切る。

②フライパンに①のかぼちゃの皮を下にして並べ、
 水を入れてフタをして強火にかける。

③沸騰したら弱火にして8~10分。
 (フタはぴったりとしたまま)

④竹串がスっと刺さればOK。
 水が残っていたら強火にして水分を飛ばす。

⑤火を止めてバターを加えて全体にからめ、
 塩をパラパラとふりかける。


【ひとこと】

☆かぼちゃはこの倍量(大きいかぼちゃ1/4個分ほど)
 ぐらいまででしたら水は100mlでOKです。

☆塩はミネラルを多く含んだ天然のものを使うと
 かぼちゃの味をより引き立てます。

☆塩⇒カレー塩、ごま塩などでアレンジも。

☆多めに蒸し煮にして次の日にスープやサラダ、コロッケ用に
 しても。




【健康ポイント】

☆かぼちゃの煮汁に水溶性の栄養素が溶け出てしまう、
 ということがないので、かぼちゃの栄養素をまるごといただけます!



【お弁当ワンポイント】

★かぼちゃは少し多めに蒸し煮にしておき、フォークなどでつぶして
 片栗粉を適量混ぜて小判型に。ごまを全体に押し付けるように
 まぶしておきます。

 次の日の朝はフライパンで焼き、塩をパラパラで1品に。

 ごまのかわりにのりをクルンと巻いてもいいですね。
 その場合は焼いた仕上がりに醤油+みりんを絡めてもおいしいです。


(片栗粉が入ることによりもっちりな仕上がりに。
そう。北海道名物”じゃがもち”のかぼちゃ版アレンジです。)



レンジ調理はお手軽で私もよく利用しますが、
ときにはフライパンを使っての”蒸し煮”は素材の味を
生かす調理法なので、簡単ですしお試しの価値あり。

インゲン、オクラ、きのこ類、キャベツ、もやし、
ブロッコリー、カリフラワー
などの野菜は

この「蒸し煮」に適しています。


かぼちゃには抗酸化作用のあるβカロテンが多く含まれますが、
βカロテンは油と調理することにより吸収率がアップ!

バターを使うことによってビタミンEも同時に
摂ることができます。(かぼちゃ自体にもビタミンEは含まれます。)

さらに、かぼちゃにはビタミンCも豊富に含まれますので、

かぼちゃとバターを一緒に食べることにより

カラダのサビつきを防ぐビタミンACE(エース)
同時に摂ることが可能です。

(ビタミンCはビタミンEを酸化しにくくし、
ビタミンC、EはビタミンAを酸化しにくくする働きもあります。)


大地の恵みを無駄なくいただくことができる「蒸し煮」
おすすめです。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。


レシピブログに参加しました!


人気ブログランキングへ


おいしいごはんで、暑さに負けずに過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ



★TV番組『魔女達の22時』で人気爆発!★


★人気女性誌掲載のリアルクローズが大集合★

スポンサーサイト
緑黄色野菜 | コメント(22) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。