スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
昨日の記事に引き続きまして、
本日も”からかじゃん”料理です。

「からかじゃん」って何?と思われた方は
コチラをどうぞ⇒⇒⇒「匠の秘伝!からかじゃん」


からかじゃんとマヨネーズの相性がよいことは
昨日、実証されましたので、

こんなものも作ってみました。


『からマヨ』

つい一昨日の記事にて「マヨカラ」をご紹介したばかりではありますが、

「マヨカラ」=下味にマヨネーズを使ったもの。

「からマヨ」=からかじゃんを使ったマヨネーズで和えた唐揚げ


(ややこらしくてごめんなさい。( ̄∇ ̄;) )


実は一昨日、いつもの(普通の)唐揚げも作っていましたので、
ちょっと拝借して”からかじゃんマヨネーズ”で和えてみました♪


からかじゃんからあげ


【材料・作り方】

からかじゃん:マヨネーズ=1:1の割合で混ぜておき、
唐揚げを和える。


画像のものは唐揚げ6ケでからかじゃん、マヨ各大さじ1
ぐらいで和えてあります。

鶏肉には醤油や酒、にんにくやしょうがなどでしっかりと
下味をつけてありますので、

そこに「からマヨ」(からかじゃんマヨネーズ)の味がからまる
ことによりさらに美味!

えびマヨの少し辛いものといえば
なんとなく想像していただけるでしょうか。

えびマヨほど甘さはありませんが、少しのピリっと感と
旨味が鶏肉の味を引き立てます。

もちろん炒めたエビに和えて「エビのからマヨ」でも
ぜったい美味!

ビールがすすむことはもちろん、甘さがないぶん、
ごはんのおかずにもよく合います。


お次は麺類に挑戦!

冷たい麺にアツアツの肉みそをのせて混ぜて食べる
ジャージャー麺。

からかじゃんを使って甘さを控えた大人の(?)
ジャージャー麺仕立てにしてみました♪

『からじゃー麺』
からかじゃーめん

【材料 2人分】

中華麺・・・・・・2玉

長ねぎ・・・・・・・・・15㎝くらい
にんにく、しょうが・・・各1かけ

ごま油・・・・・・・・・大さじ1
からかじゃん・・・・・・大さじ2

豚ひき肉・・・・・・・・180g
えのき・・・・・・・・・1/2パック

◆砂糖・・・・・・・・・大さじ1/2
◆酒・・・・・・・・・・大さじ1
◆醤油・・・・・・・・・大さじ2
◆水・・・・・・・・・・50ml
とろみちゃん(or水溶き片栗粉)

きゅうり・・・・・・・・小1本
トマト・・・・・・・・・1ケ
温泉玉子・・・・・・・・2ケ(作り方は【ひとこと】参照)




【作り方】

*麺をゆでるお湯を沸かす。

①長ねぎは白髪ねぎにする。
 真ん中の芯部分はみじん切りにする。

*白髪ねぎは斜め千切りにして氷水に放します。
 斜め切りにすることにより、繊維が断ち切られて
 食べやすくなり、クルンとカールして見た目もよくなります。


②にんにく、しょうがもみじん切りにする。
 えのきは5㎜ほどに細かく切る。
 きゅうりは千切り、トマトは半分に切ってから5㎜厚さに切る。

③フライパンにごま油、みじん切りの長ねぎ、にんにく、しょうが、
 からかじゃんを入れて炒める。

④豚ひき肉を加えて強火で炒め、八分通り火が通ったら
 えのきを加えて豚肉にしっかり火が通るまで炒める。

⑤◆を加えて強火で煮立て、とろみちゃん(or水溶き片栗粉)で
 とろみをつける。

⑥麺は表示通りにゆでて水にさらし、流水でもむようにして洗う。
 2~3回水をかえたら氷水に1分ほどつけ、しっかり水気をきる。

*中華麺はもみ洗いして氷水につけることにより、麺に「コシ」が出ます。
*水気をきるときにはざるに押しつけるようにしてしっかりと
 水気をきります。


⑦器に中華麺を盛り、水気をきったしらがねぎ、きゅうり、トマトをのせて
 ⑤をかけ、温泉玉子をのせる。

温泉玉子を割りほぐし、全体をよ~く混ぜながらいただきます!


【ひとこと】

☆温泉玉子:鍋にお湯を沸騰させて火を止め、冷蔵庫から出してすぐの
 卵を入れてフタをします。9~10分したらすぐに水にとり、何度か水を
 かえて冷まします。

 そのまま割ると温泉玉子ができています♪

 殻に白身がくっつく場合は、スプーンで白身をとります。



ほどよい辛さで食べやすい!
温玉のマイルドさとも相まって、食欲のない暑いときでも
食べやすい麺に仕上がりました。


この肉みそ(味噌が入っていないので正確には”みそ”ではないですが。)
豆腐や春雨、炒めたナスを加えて

”マーボーの素”としても使えます!

からかじゃんにしっかり旨味と辛味が凝縮されて
いますので、

甜麺醤やオイスターソース、豆板醤や鶏ガラスープの素を
加えなくても旨味十分な麻婆に!


今回は作りませんでしたが、
「からかじゃん」、鍋のスープに使ってもイケそうです。
もちろん鍋の薬味としても!

また、煮魚や肉じゃがなどのいつもの煮物に
ちょいと加えれば旨味倍増♪

いろんな調味料を使わなくてもからかじゃんひとつで
味の決め手になるのが嬉しいところです。


敢えて言わせていただくとすれば。。。

■容器
ガラス瓶でないので軽くてよいのですが、
小さじが入るくらいの口の大きさだとさらに
使いやすいかと思います。

容器を振りながらだとドバっと出てしまいそうでした。


■コスパ
ネット販売にて 2520円/3本(1本=140g)
1本840円計算です。

厳選された材料を使って職人さんの技を駆使して
作っている、というのもよくわかりますが、

普段使いの調味料としては少し高いかな。。。

おみやげとしていただくには嬉しいですが。(*^_^*)


2日間に渡るからかじゃんリポート。
またおいしいものができましたら記事にてアップしたいと
思います。

「からかじゃん」ご興味ある方は
コチラから⇒⇒⇒「匠の秘伝!からかじゃん」
他のブロガーさんのアイディア料理も満載ですよ!


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が更新の励みになっております。


レシピブログに参加しました!


人気ブログランキングへ


おいしいごはんで、暑さに負けずに過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ



★TV番組『魔女達の22時』で人気爆発!★


★人気女性誌掲載のリアルクローズが大集合★

スポンサーサイト
麺類、パスタ | コメント(20) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。