スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

梅しそサラダうどん

2010/07/05 Mon 12:12

ぢつは。。。。


ワタクシ、夏が苦手です。( ̄∇ ̄;)
(↑いけないセルフイメージですね。)

汗をかくのはまぁいいとして、
室内のエアコン効いた冷え冷えとした温度と
外気温の差。

寝苦しい夜。。。

30℃以上の日が続くと気分はナメクジ。 (キモ 。。。)
カラダがダル~くなることが多いです。

他の季節に比べて食欲も激減。
夏も終わる頃の9月ぐらいには毎年3kgほど落ちてます。
(あまりよくない痩せ方)

食べたくないときには食べなきゃいいと
思ってますが、カラダは正直なもので、

食べないと余計に元気が出なくなってきます。

そんなこんなで夏は麺類の消費が飛躍的に伸びる我が家。

青じそ、みょうが、しょうが、にんにくなどの
薬味野菜や唐辛子や和辛子、わさび、ラー油、豆板醤などの
辛いものも食欲増進のために欠かせません。

冷たい麺に野菜をたっぷりのせて。
そこに薬味や辛味が入ると食欲ないときでも
食べられてしまうから不思議です。


今日のうどんは「梅干し」を使いました。

以前は梅干し、自分で作っておりましたが、
出張が増えて土用干しが不可能になったり、

買った方がおいしいことがわかったりヽ( ̄▽ ̄)ノ

いろんな美味しいといわれる梅干しを試しております。
(おすすめありましたら教えて~♪)


冷凍うどんを使いましたが、もちろん乾麺でもOK。

最近では「流水麺」なる水で流すだけで食べられる
お手軽麺類(うどんに限らず)もありますから、
火を使いたくないときは重宝ですね。

梅しそつゆも市販の「めんつゆ」を使った簡単なもの。
たっぷりのつゆが野菜もさっぱりとおいしくいただけます。



『梅しそサラダうどん』
梅しそサラダうどん


【材料 3人分】

冷凍うどん・・・・・・3玉

卵・・・・・・・・・・2ケ
(砂糖・・・・・・・・小さじ2)
サラダ油・・・・・・・小さじ1

・生わかめ・・・・・・・90g(or塩蔵や乾燥を戻したもの)
・きゅうり・・・・・・・1本
・にんじん・・・・・・・4㎝くらい
・トマト・・・・・・・・1ケ
・もやし・・・・・・・・1/2袋
・ブロッコリースプラウト・・・1パック

<梅しそつゆ>
◆めんつゆ(3倍濃縮タイプ)・・・100ml
◆水・・・・・・・・・・・・・・・350ml
◆青じそ・・・・・・・・・・・・・3枚
◆梅干し・・・・・・・・・・・・・2ケ

揚げ玉(あれば)・・・適量


【作り方】

①うどんをゆでるお湯をわかす。

②<梅しそつゆ>を作る。
 青じそ縦半分に切ってから千切りにし、キッチンペーパーで
 ぎゅっと絞り、水気とアクを同時にとる。
 梅干しは種を除いてみじん切り。
 ◆の材料をすべて混ぜ、冷蔵庫で冷やしておく。

③卵を焼く。(砂糖はお好みでどちらでも)
 卵を溶き、白身を切るように箸で混ぜ、
 熱したフライパンに一気に卵を入れて卵焼きを作る。
 焼けたらフライパンから出して冷ましておく。


*本当は、錦糸卵のハズでしたが、それもダルくて
 卵焼きをカットすることにしました。(^^ゞ


④・わかめ :食べやすい大きさのざく切り。
 ・きゅうり:斜め薄切りにしてから千切り。
 ・にんじん:細めの千切りスライサーにて千切り。
 ・トマト :薄めのくし切り。
 ・もやし :①のお湯が沸騰したらざるに入れてさっとゆで。
  →冷水に入れて冷やし、水気をきる。
 ・スプラウト:根の部分をカット。
 ・③の卵焼き:薄めのそぎ切りにしてから千切りにする。

⑤①のお湯でうどんを表示通りにゆで、流水にさらす。
 何度か水をかえ、しっかりと水気をきる。
*ざるにうどんを押し付ける感じで。

⑥器にうどんを入れ、④の野菜などを彩りよく盛り、
 ②の梅しそつゆをかける。
 お好みで揚げ玉をトッピング。


【ひとこと】

☆野菜は上記のものでなくてもセロリ、レタス、大根、
 カラーパプリカ、塩ゆできのこ、オクラなどなど
 あるものでOK。

☆ハムやえび、焼き豚、蒸し鶏など加えればさらに豪華♪

☆梅干しにより、塩分が違いますので、量は調整してください。
(今回は塩分8%のハチミツ南高梅を使いました。)

☆わさびを少し添えても美味。

☆「梅しそつゆ」はやく冷やしたいときは
 氷を2カケほど入れてぐるぐる混ぜればOK。 
 (氷のぶんの水の分量は減らします。)



揚げ玉は入れなくてもOKですが、天ぷら作ったときに
残った衣で作っておくと便利です。

ジップロックなどに入れて冷蔵or冷凍保存できます。
あまり長期間冷蔵庫(冷凍庫)に入れておくと
味が落ちますので、1週間以内ぐらいに、なるべくはやく使います。

麺類だけでなく、味噌汁や冷奴にちょっとのせても
おいしい。

和え物やサラダにトッピングしてもカリっと感が
アクセントになります。


たくさんの野菜をのせたら麺が見えないほどに。。。
うどんの量が少なくても十分満足なので、
ダイエット中の方にもおすすめ。


このさっぱりな「梅しそつゆ」
うどんだけでなく、蕎麦や中華麺でも合いますので、
麺もお好みのものを使ってくださいね。


にはクエン酸が含まれます。

クエン酸は胃腸の働きをよくして糖質や脂肪の代謝を
促し、血液中にたまった乳酸(疲労物質)を分解する
働きがありますので、疲労回復に役立ちます。

さらにきゅうりやしそなどの夏野菜と組み合わせる
ことにより、疲労回復、夏バテ回復効果がアップ!


ダルダル星人になってしまっている方、
梅ですよ。「梅」

”1日1ケの梅干し”とは昔から言われていること。

おいしく食べて暑い夏をのりきりましょう♪


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
今日も応援クリック凸凸いただけるととっても嬉しいです。(^^♪


レシピブログに参加しました!


人気ブログランキングへ


おいしいごはんで、暑さに負けずに過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


※サイドバーにBMIの計算フォームを追加しました。
 身長と体重を入力するだけですので、ご自身の体調管理によろしければお試しくださいませ!

(美容体重とボディバランスチェックはこちらがお役に立つかも⇒⇒⇒ボディバランスチェック




スポンサーサイト
麺類、パスタ | コメント(22) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。