スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

白身魚のネギ塩ダレ

2010/07/02 Fri 21:30

振り返ってみると、(今日も含めて)3日連続
「ごま油」がレシピに入っていました~。( ̄∇ ̄;)

無類のごま油好き、というわけではないのですが、
うちではオリーブ油の次に使う頻度の高い油かもしれません。

私が使っているのはこのごま油↓↓↓

『太香胡麻油(焙煎胡麻油)』

義母が美味しいから使ってみて!と持ってきてくれたものを
使ってからやみつきに。
かれこれ15年以上お世話になっている胡麻油です。

胡麻を焙煎した深く、香ばしい味わいがたまりません。


ごま油は、胡麻から抽出された油ですから、
「ごま」に含まれる

コレステロール低下に役立つリノール酸、オレイン酸、

強力な抗酸化作用をもつセサミン、セサミノール、
ビタミンE
などを豊富に含みます。


そうはいってもやはり「油」。
摂りすぎればカロリーオーバーになる恐れも。

ごま油は少しの量で香りがつきますので、
上手に利用していきたいものです。


今日も、そんな「ごま油」を使った魚料理。

アツアツのごま油をジュっとかけるその音は
耳からも美味しい。

これをするときには思わず家族をキッチンに呼び、
耳からの美味しさを一緒に味わいます。^^


『白身魚のネギ塩ダレ』
白身魚のネギ塩ダレ


【材料(2人分)】

白身魚の切り身・・・・・2切れ
塩・・・・・・・・・・・少々

長ねぎ・・・・・・・・・1本(みじん切り)
ごま油・・・・・・・・・大さじ1/2
塩、昆布茶・・・・・・・各小さじ1/3

ごま油・・・大さじ1


【作り方】

①魚の切り身の両面に塩を少なめにふり、グリルで焼いて
 火を通す。

②フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、ねぎを炒める。
 塩、昆布茶をふり、さらに炒める。

*ねぎは青い部分までみじん切りにして一緒に使ってしまってOKです。

③①の魚を皿に盛り、②で炒めたねぎをのせる。

④②のフライパンでごま油を熱し、ねぎの上からジューっとかける。

*油が飛ぶことがありますのでご注意を。


【ひとこと】

☆白身魚、今日は「黒ソイ」を使いましたが、
 タラやスズキなどでもOK。

 また、サーモンやアジ、鶏肉などでも同じ作り方にて
 美味しく召し上がれます。




ごま油は熱することにより、香りが増しますので
アツアツのごま油をかけることにより、

ごまの香ばしい香りがぷぁ~っと広がります♪

ねぎは炒めることで、カサが減ってたくさんの量が食べられます。

しょうがやにんにくのみじん切りを加えると
さらに香りが引き立ちそうです。


シンプルながら、魚の旨味も十分に味わえる一皿になりました。

普段の焼き魚にちょっとひと手間。週末は
家族みんなで”耳から”もおいしいお魚料理はいかがでしょうか。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
今日も応援クリック凸凸いただけるととっても嬉しいです。(^^♪



人気ブログランキングへ

おいしいごはんで、暑さに負けずに過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


※サイドバーにBMIの計算フォームを追加しました。
 身長と体重を入力するだけですので、ご自身の体調管理によろしければお試しくださいませ!

(美容体重とボディバランスチェックはこちらがお役に立つかも⇒⇒⇒ボディバランスチェック




スポンサーサイト
| コメント(16) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。