スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ゴーヤチャンプルー

2010/07/31 Sat 21:00

暑い夏、最初に買ったゴーヤ。

ゴーヤスライスの次の日は
だいたいチャンプルーにしております。

チャンプルーの地元、沖縄でも各家庭や
お店よって多少具材や加える調味料の違いが
あるのだとか。

”チャンプルーの素”なんていうのもあるらしいですが。。。


ゴーヤチャンプルーも今ではすっかり全国区。

夏になると定番料理として食卓に並ぶことが多いかと思います。


今日は我が家流ゴーヤチャンプルー。

水きりの必要のない厚揚げと旨味とコクの
オイスターソースを使い、キレイに仕上がるよう卵は別に炒めています


『ゴーヤチャンプルー』

ゴーヤチャンプルー


【材料 3人分】

ゴーヤ・・・・・・・1/2本
厚揚げ・・・・・・・1/2枚(180g)
豚小間切れ・・・・・100g
(下味:醤油、酒→各大さじ1/2)
卵・・・・・・・・・2ケ
(下味:塩、こしょう→各少々)
ごま油・・・・・・・大さじ1

◆酒、醤油・・・・・各大さじ1
◆オイスターソース・小さじ1


【作り方】

①ゴーヤは縦1/2に切り、ワタをスプーンで除き、
 塩をふり、軽くもんで5~10分おき、水洗い。
 しばらく水にさらす。

(ゴーヤの下処理方法の詳細はこちら

②厚揚げはキッチンペーパーで表面の油をよくふきとり、
 食べやすい大きさに切る。

*厚みがありすぎると火が通りにくいです。
*面倒でなければ湯通しするとさらに油が抜けます。


③豚肉は大きめの一口大にカットして、下味をもみこむ。
 卵はときほぐして塩、こしょうを混ぜる。
 ◆を混ぜておく。

④フライパンにごま油大さじ1/2を熱し、③の卵を流す。
 強火で大きく混ぜ、半熟状になったら、取り出す。

*溶き卵を入れたボールに取り出してOK。
*フライパンはそのまま使うので、フライ返しなどを使って
 できるだけ卵が残らないようにします。


⑤④のフライパンにごま油大さじ1/2を足して熱し、
 ③の豚肉を強火で炒める。

⑥豚肉に火が通ったら、厚揚げとゴーヤを加えて強火で炒め、
 混ぜた◆を加えて全体に絡め、④の卵を加えて混ぜ、
 火を止める。


【ひとこと】

☆ゴーヤを加えて炒めすぎると食感が悪くなってしまいますので、
 炒め加減はほどほどに。

☆豚肉や卵に下味をつけておくと、旨味が引き立ち、おいしくなります。



【ヘルシーポイント】

★厚揚げは豆腐を使うよりも(揚げてあるので)多少カロリーは
 アップしますが、そのぶんカルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、

 ビタミンE
など殆どの栄養素が豆腐よりも豊富に含まれています。
 (水気をしっかり抜いてあるぶん栄養素が残ります。)

★ゴーヤは熱に強いビタミンCを持ちあわせますので、
 炒めてもビタミンCの損失が少なくてすみます。

★動物性たん白質(豚肉、卵)を加えることにより、ゴーヤの持つ
 ビタミンCの抗酸化作用がアップします。



【お弁当ワンポイント】

★ゴーヤを除いてお弁当のぶんだけ取り分けておきます。
(ゴーヤは色がかわってしまうので)

 次の日、ピーマンやいんげんなどのほかのグリーンを一緒に
 炒めてお弁当へ。




厚揚げ(生揚げ)を使うと豆腐の水きりの必要がなく、
炒めても崩れずに、味もしみこみやすいです。


しばらくおいても水分が出にくいのも嬉しいところ。
(よってお弁当にも向いています。)


オイスターソースは隠し味程度にほんの少し。
旨味とコクをプラスです。


苦味の強いゴーヤも厚揚げ(豆腐)や卵と組み合わせる
ことにより、苦味もやわらぎ食べやすく。

豚肉との相性も抜群のゴーヤチャンプルーは
沖縄が生んだパワー全開の夏料理♪


おいしく食べて暑さも楽しめるといいな~(^^♪


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。


レシピブログに参加しました!


人気ブログランキングへ


おいしいごはんで、暑さに負けずに過ごせますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ



★TV番組『魔女達の22時』で人気爆発!★


★人気女性誌掲載のリアルクローズが大集合★

スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(22) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。