スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

豆乳つけ麺

2010/06/25 Fri 20:14

冷たい麺がおいしい季節です。

最近では、有名店がプロデュースした冷やし中華や
つけ麺がスープ付きで手軽に家庭でも作れるよう、
スーパーなどでもよく見かけます。

有名店のものでなくても、市販の冷やし中華やつけ麺
といえばだいたいがスープ付き。

お手軽で無難な味で便利は便利。
ただ、ちょっと味が均一化しているような。。。

冷やし中華にしてもつけ麺にしても
たっぷりのタレでいただきたい我が家としては
少し物足りなくも感じます。


めんつゆやポン酢、塩ポン酢、ねりごまなどを使えば
家でも手軽に「タレ」を作ることができるので、

冷やし麺を作る場合には、生中華麺だけを
買ってきて、タレは家で作ることが多い我が家です。



今日は、豆乳を使ったつけ麺。
(麺も、つけダレも冷たいタイプです。)


豆乳で?と思われるかもしれませんが、

豆乳鍋や豆乳しゃぶしゃぶ、飛鳥鍋(これは牛乳ベースですが)
などを思いおこしていただければ、その感覚がわかっていただけるかと
思います。

豆乳の臭みは感じずに、コクがあるまろやかな味の仕上がりです。



『豆乳つけ麺』
豆乳つけ麺


【材料 2~3人分】

生中華麺・・・・・・・3玉

◆めんつゆ(3倍濃縮タイプ)・・・100ml
◆無調整豆乳・・・・・・・・・・ 180ml
◆オイスターソース、ごま油・・・ 各小さじ1
◆食べるラー油(あれば)・・・・小さじ1
◆こしょう・・・・・・・・・・・少々
◆おろしにんにく・・・・・・・・1㎝
◆長ねぎ(みじん切り)・・・・・10㎝分
◆白すりごま・・・・・・・・・・大さじ1

きざみのり、生わかめ


【作り方】

①たっぷりの湯を沸かして生中華麺を表示時間通りにゆでる。

②◆の材料を混ぜ合わせ、豆乳ダレを作る。

*時間があれば、冷やしておくとさらに美味。
その場合は食べる際、よく混ぜてくださいね。


③ゆでた中華麺をすぐに冷水にさらし、もむようにして洗い、
 しっかりと水気をきる。
*麺をもみ洗いすることにより、麺に”コシ”が出ます。

④器に麺を盛り、きざみのりをかけ、生わかめを添える。

豆乳ダレをつけながら召し上がれ♪


【ひとこと】

☆豆乳ダレは少し濃いめの味付けです。
 味の濃さは豆乳の量で調整してください。

☆食べるラー油を加えるとさらにコクが出ますが、
 なければ、お好みで普通のラー油を加えてどうぞ。

☆ミネラル補給に生わかめを添えました。
 これを豆乳ダレにつけて。よく合います。




たぶん、「豆乳入り」と言わなければ食べた方は
豆乳入っているってわからないかも。^m^

”コクのあるつけダレ”といった感覚です。


市販のタレとはまた違った手作りのおいしさ。
(手作りとはいってもめんつゆやオイスターソースなどの
既製品を混ぜただけなのですが。( ̄∀ ̄*))


豆乳使うことにより、ヘルシーなのはもちろんですが、
なによりコクとまろやかさが生まれるのが嬉しいところ。


よろしければお試しくださいませ。^^


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
今日も応援クリック凸凸いただけるととっても嬉しいです。(^^♪



人気ブログランキングへ

おいしいごはんで、明日もハッピーな1日でありますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


※サイドバーにBMIの計算フォームを追加しました。
 身長と体重を入力するだけですので、ご自身の体調管理によろしければお試しくださいませ!

(美容体重とボディバランスチェックはこちらがお役に立つかも⇒⇒⇒ボディバランスチェック




スポンサーサイト
麺類、パスタ | コメント(14) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。