スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
先日、大手総合食品卸売業者さんの展示会があって行ってまいりました。

業務用の冷凍品、チルド品、酒類をはじめ、あらゆる新商品が
並んでいるなか、ひときわ目をひいていたのがコレ。

↓↓↓
アサヒスーパードライ エクストラコールド

スーパードライを氷点下(-2℃~0℃)で味わう新しい飲み方。
凍結した専用のサーバーから注がれます。

ビールは冷やしすぎると美味しくない、と言ったのはダレ?

この日は蒸し暑い日だったこともあり、氷点下のビールが
口→喉→食道→胃にしみわたるのがわかります。

ビール自体は「スーパードライ」なのですが、
まるで違うビールを飲んでいる感覚。

都内でエクストラコールドを味わえる期間限定の店舗は
連日行列を作っているそうです。(わかる気がする)

もちろんグラスも凍らせているので、
私のように一気にビールを飲み干せなくても
しばらく冷たい温度が保たれるのも嬉しいところ。

この夏はエクストラコールドが飲食店やビアガーデンに出現!?

どうやら家庭用のサーバーも出ているようですが、
こんなのおうちにあったら、ついつい飲みすぎ、
ビールっ腹になってしまうかも。(^^ゞ


今日はそんな冷たいビールのアテにも
もちろんごはんのおかずにもなる料理。

鶏ムネ肉とアボカドを醤油炒めにしてわさびで
いただく一皿。

鶏ムネは脂肪が少ないのでパサつきがち
というイメージがあるかと思いますが、

片栗粉をまぶすこととアボカドと一緒に炒めることに
より、パサつきを感じず、

それでいてしょうゆとわさびの味でさっぱりといただける
夏向けのお料理です。


『チキンとアボカドの醤油炒め』
チキンとアボカドのしょうゆ炒め


【材料 3人分】

鶏ムネ肉・・・・・・1枚(300g)
塩・・・・・・・・・小さじ1/2
こしょう・・・・・・少々
片栗粉・・・・・・・大さじ1

アボカド・・・・・・1ケ

オリーブ油・・・・・大さじ1
醤油、酒・・・・・・各大さじ1

きざみのり、わさび


【作り方】

①鶏ムネ肉は皮を除き、縦に3等分してから食べやすい大きさの
 そぎ切りにする。
 塩、こしょうをふり、片栗粉をまぶす。

②アボカドは半分に切り、種と皮を除いてそれぞれ縦半分に切り、
 5㎜ほどの暑さに切る。

③フライパンにオリーブ油を熱し、①の鶏肉を重ならないように
 入れて中火で両面をこんがりと焼き、中までしっかり火を通す。
 (約3分)

*炒める、というよりじっくり両面を焼く感じ。

④アボカドと酒、醤油を加えて強火で全体を混ぜ合わせて絡める。

⑤皿に盛り、きざみのりをトッピングし、わさびを添える。


【ひとこと】

☆アボカドは熟したもの(皮をおさえて少し弾力のあるもの)
 を使ってくださいね!



大人の方はわさびを少し添えてどうぞ♪

片栗粉にコーティングされたムネ肉とアボカドのまろやかさで
チキンの旨さ倍増、さらにのりとわさびでアクセント!

食欲のないときにもイケそうです。^^


残った鶏皮は細切りにしてゆでてきゅうりと和えものにしたり、
多めの油でカリカリの揚げ焼きにしてサラダのトッピング
にしたり。

冷凍しておいて少したまったら「鶏皮せんべい」
という手もあります。


アボカドはいわずと知れた「食べる美容液」
脂肪が少なく低カロリー、高たん白鶏ムネ肉との組み合わせで
お肌をプリプリに導く働きも。

火を通してトロンとしたアボカドもなかなか魅力的です。


********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
今日も応援クリック凸凸いただけるととっても嬉しいです。(^^♪



人気ブログランキングへ

おいしいごはんで、明日もハッピーな1日でありますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


※サイドバーにBMIの計算フォームを追加しました。
 身長と体重を入力するだけですので、ご自身の体調管理によろしければお試しくださいませ!

(美容体重とボディバランスチェックはこちらがお役に立つかも⇒⇒⇒ボディバランスチェック




肉、卵、チーズ | コメント(19) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。