スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ソースめし

2010/05/27 Thu 21:00

昨日に引き続き、本日も「残り物でレッツらゴー♪」のコーナーです。

(↑いつからコーナーに?・・・ってかベタな名前( ̄∇ ̄;) )


以前にやきそば添付の粉ソース料理を記事にいたしました。


やっぱり残る粉ソース。

今日は粉ソースと残った野菜を使って「ソースめし」です。

肉は入っていません!
野菜だけで1人200g近く入ってます。(*^^)v

粉ソースの味がしっかりついているので、
肉がなくても満足感ある仕上がりに。

そばは入れてませんが、何気に「そばめし風」

しかもごはんを一緒に炒めないのに「チャーハン風」です。



『ソースめし』

ソースめし


【材料 2人分】

キャベツ・・・・200gくらい
ピーマン・・・・2ケ
玉ねぎ、にんじん・・・各少し

*野菜だけで390gありました。

ごはん・・・・・1合分(350gくらい)

やきそばに添付の粉ソース・・・2袋

サラダ油・・・・大さじ1


【作り方】

①野菜は1㎝角ぐらいの大きさに切る。
 (にんじんだけは小さめの薄いイチョウ切りにする。)

*にんじんのように火が通りにくい野菜は
 薄め(小さめ)に切っておきます。


②フライパンにサラダ油を熱し、①の野菜を強火で炒める。

③全体に油がまわり、しんなりとしてきたら一旦火を弱めて
 粉ソースを加え、強火にして全体を混ぜながら、
 水分を飛ばすようにして炒める。

④ある程度水分が飛び、野菜に火が通ったら、
 ごはんに加え、切るように混ぜる。

*ごはんはたきたてがベスト。冷凍ごはんを使う場合は
 アツアツに温めてから。



【ひとこと】

☆冷蔵庫に少しずつ残っている野菜
 しいたけ、しめじ、エリンギなどのきのこ類やニラ、
 レタス、セロリ、パプリカなどなど大根やかぶ以外の
 野菜であれば、なんでもOK。

☆野菜を炒める際は常に強火にて、
 水分を飛ばすように炒めるのがコツ。

 水分がたくさん残っていると、ごはんがベトっと
 水っぽい仕上がりになってしまいます。

ごはんと野菜炒めの両方がアツアツの状態
 混ぜることもポイントです。

☆青のりや紅しょうが、目玉焼きを添えるとさらに美味。
 できたてにバターをのせても。



肉が入っていないのに満足する味に仕上がります。

たっぷりの野菜とこれだけのごはんを一般家庭のフライパンで
一緒に炒めるのは大変ですが、

炒めた野菜をごはんに混ぜこむ方法であれば
失敗なくできます!(たぶん)




冷蔵庫の野菜室掃除には、よくスープを作りますが、
こんなチャーハン風の混ぜごはんも粉ソースの消費にもなり、
しかもおいしく食べられます。

キャベツの芯の方なども薄く小さく切ればおいしく
食べられますよ。

キャベツの芯部分にはビタミンCがいっぱい!
無駄なく使いたいですね。


粉ソース、もし残っていたら、たっぷりの野菜とともに
こんなごはんもいかがでしょうか。^^

おうちでひとりランチのときにも重宝です。


***********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
今日も応援クリック凸凸いただけるととっても嬉しいです。(^^♪



人気ブログランキングへ

おいしいごはんで、明日もハッピーな1日でありますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ


※サイドバーにBMIの計算フォームを追加しました。
 身長と体重を入力するだけですので、ご自身の体調管理によろしければお試しくださいませ!

(美容体重とボディバランスチェックはこちらがお役に立つかも⇒⇒⇒ボディバランスチェック


スポンサーサイト
ごはん、餅 | コメント(16) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。