スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ジューシーハンバーグ

2010/03/29 Mon 21:00

冒頭から唐突ですが、昨日の記事に訂正があります。

材料に「バター」を書くのを忘れていました。(>_<)ゴミンナサイ

砂糖をふりかける前にバターを少し散らした方が
おいしいです。
(昨日の記事は訂正してあります。)

超特急で記事を更新してしまったため、
大変失礼いたしました。m(__)m



さて、今日はハンバーグ。
お子様はもちろん、大人の方に人気のメニューのひとつです。

今、メニュー撮影中の和食処(和食レストラン?)にも
新たに「ハンバーグ御膳」のメニューを加えました。


私も類にもれず、ハンバーグ大好き~♪
ファミレス系のレストランや洋食屋さんに行くと
迷わずハンバーグをオーダーしてしまうほどです。

本当は肉から厳選して自分でミンチにして。。。と
段階をふんで美味しさを追及していけば

ピカイチうまうまハンバーグができるのでしょうが、
そんな時間も余裕もない私。
(それぐらいの余裕があった方がいいんですけど~(-.-))

お肉屋さんのあいびき肉を使ってお手軽にジューシーに
仕上げます。


『ジューシーハンバーグ』
ジューシーハンバーグ
しめじの塩炒め、トマト、ブロッコリー、インカのめざめを添えました~



【材料 3人分】

あいびき肉・・・・・・・・・250g
水・・・・・・・・・・・・・大さじ3

玉ねぎ・・・・・・・・・・・大1/2ケ
パン粉、牛乳・・・・・・・・各大さじ3
卵・・・・・・・・・・・・・1ケ

<A>
マヨネーズ、中濃ソース・・・各大さじ1/2
塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2弱
こしょう、ナツメグ・・・・・各少々

<焼き用>
サラダ油・・・・・・・・・・大さじ1/2

<ソース>
ケチャップ、中濃ソース・・・各大さじ3


【作り方】

①玉ねぎはみじん切りにして大きめの皿にドーナツ状に
 広げ
、ラップをふわりとしてレンジで加熱する。
*900w 2分目安 半透明になればOK。

 牛乳にパン粉を浸しておく。

②あいびき肉をボールに入れて水を加え、ねばりが出るまで
 よくこねる。(50回くらい)
*あいびき肉は使う1時間くらい前から冷蔵庫から出して
 おいた方がこねるとき冷たくなく、こねやすいです。


③②に①の玉ねぎと牛乳に浸したパン粉、卵、
 <A>の調味料をすべて加えてさらに手でこねる。
 (50回くらい)3等分に分けておく。
*けっこうやわらかな仕上がりですので、この時点で
 形作らなくてOKです。


④フライパンにサラダ油を熱し、弱火にして③を入れ、
 フライパンの中で形を整え、真ん中をくぼませる。

強火にして30秒、弱火にし、フタをして3分ほど
 (ハンバーグの底面がこんがり焼き色の程度)焼く。
*けっこうな水分が出てきますが、そのままで。

⑥フライ返しを使い、丁寧に裏返してフタをとったまま
 強火で30秒、フタをして弱火でさらに3分ほど焼く。
*出てきた水分で蒸し焼き状態になります。

⑦フタをとり、ハンバーグから透明の肉汁が出ていれば
 中まで火が通っているので焼きあがり。

⑧ハンバーグを取り出し、フライパンに残った汁を
 キッチンペーパーでふきとる。
*肉汁の旨味が残っていてもったいなさそうですが、
 かなりの脂肪を含むので、ふきとります。
 (が、フライパンは洗わずそのまま)


⑨<ソース>のケチャップと中濃ソースを⑧のフライパンに
 入れて煮立たせる。
*赤ワインがあれば、調味料を加える前に入れて、
 ある程度煮詰めてから調味料を加えると本格的な味に!


⑩ハンバーグに⑨のソースをかけてできあがり~


【ひとこと】

☆「ジューシー」のひみつ
 最初にひき肉にしっかり水をねりこみます

☆「マヨネーズ」でふんわり
 少しのマヨネーズを加えることにより、ふんわりとした仕上がりに。

☆中濃ソースは下味の旨味として加えています。


よってやわらかいハンバーグタネとなり、
はっきり言って扱いずらいです。( ̄∇ ̄;)

ただ、フライパンの中で形を整え、最初に強火でしっかり
表面をガードしておき、裏返すタイミングを間違わなければ
(片面がしっかり焼けてから)

焼きあがりは形が崩れることもなく、ジューシー感ある
ハンバーグに仕上げることができます!

箸を入れたときの写真を撮るの、忘れてしまったのですが、、、
口に入れたときのジューシー感は水を加えなくて練った
ものとまた違った味わいです。


市販のあいびき肉ですと、けっこうな脂肪分がある
肉が使われていることが多いんですょね。。。

まぁそれが肉の旨味にもなっていたりするわけで、
一慨に「悪」とはいえないのですが。

焼きあがりに水分とともに肉の脂がけっこうな量出てきます。
これを除くことにより、肉の脂はかなり落ちていると思います。

(肉にしっかり水をねりこんでおけば脂が落ちてしまっても
仕上がりはパサつきません。)


肉をしっかり使ったときは野菜もたっぷり!が原則。

彩りを考えてつけあわせの野菜を添えれば、見た目もきれい(*^_^*)

ハンバーグ=茶色ですから、緑、赤、黄、白の付け合わせ
揃えば理想的です。
(栄養素的にもさまざまな種類が摂れることになります。)

見た目のおいしさは食べる前に脳で感じ、おいしさの
8割を占めるともいわれています。

食べておいしい~はもちろんですが、
見た目もおいしい~を目指していきたいと思ってます。


**************************************


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。
皆様のおかげで、ランキング、じわりじわりと上がっており、新規ご訪問の
読者様が増えています。

読者様が増えることにより、カラダが喜ぶごはんでさらに健康でさらに美しく
笑顔になる方がもっともっと増えるといいな~と思ってます。
 
皆様の応援クリックが更新の励みになっています。
温かいコメントのお言葉も本当にありがたく読ませていただいています!
お手数とは思いますが、
今日もクリック凸凸いただけるととってもとっても嬉しいです。(^^♪



人気ブログランキングへ

明日もおいしいごはんでワクワクいっぱい♪の1日でありますように。.:*・゚☆.。。.:*・゚☆.。


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます!
↓↓↓

おきてがみ



スポンサーサイト
肉、卵、チーズ | コメント(12) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。