スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

たまごコロッケ

2010/02/25 Thu 16:50

揚げもの、けっこう好きなのですが、メタボ注意報の家族が
約1名いるため、週に1~2回にしています。

ただコドモは育ち盛り、食べ盛りの中学生!

唐揚げ、コロッケなどボリュームあるものの
リクエストが多いのも事実です。

あっさりめの夕食にしたときなど、寝る前になって
「おなかすいた~」
と言い出しますし。。。

久しぶりにコロッケを作りました。

買い物に行かなかったので、ウチにあるもので
作ったコロッケです。


『たまごコロッケ』
たまごコロッケ


【材料 3~4人分】

じゃがいも・・・・・・・・・中3ケ
塩、こしょう・・・・・・・・各少々

ゆで玉子・・・・・・・・・・1ケ

玉ねぎ・・・・・・・・・・・1/2ケ
ベーコン(orハム)・・・・・2~3枚
サラダ油・・・・・・・・・・大さじ1/2

薄力粉、卵、パン粉・・・・・各適量
揚げ油
キャベツの千切り



【作り方】
①じゃがいもは洗って皿にのせ、ラップ(orレンジ用フタ)を
 してやわらかくなるまで加熱する。
*900w 4~5分目安
*竹串刺してスーっと刺さればOK。
*レンジから出すとき、お皿とじゃがいもが熱くなっていますのでご注意を。


②熱いうちにじゃがいもの皮をむき、ボールに入れて
 塩、こしょうをふり、つぶす。
 ゆで玉子も一緒に加えてつぶして混ぜる。
*じゃがいも皮むき:フォークを刺し、包丁でむきます。
 上の方がむけたらフォークを反対側に刺して残りの皮をむくと
 熱いじゃがいもにそれほどさわらなくてむくことができます。


③玉ねぎはみじん切り。
 ベーコンは5㎜~1㎝幅に切る。

④フライパンにサラダ油を熱し、③を加えて玉ねぎが
 半透明になるまで炒める。

⑤④を②に加えて混ぜ、好きな形にする。
*今回は一口サイズ(二口サイズかな?)のまんまるに
 してみました~♪


⑥薄力粉→溶き卵→パン粉の順につけ、色よく揚げる。
*揚げ油、コロッケの半分ぐらいまでの油でも
 大丈夫です!


⑦たっぷりのキャベツの千切りとともに盛り付ける。


【ひとこと】
☆玉ねぎはベーコンと炒めてから加えると、ベーコンの
 旨味が玉ねぎに移るとともに、玉ねぎ本来の甘さが
 出ます。

 お忙しい方は、玉ねぎみじん切り→レンチン+ハム
 (炒めず)でもOK。

☆じゃがいもにドライパセリを混ぜこめばさらに
 彩りよくなります!



コロッケもパン粉をつけるところまで作っておき、
夜は揚げるだけ。

朝、時間があればキャベツの千切りまでしてしまいます。
(タッパーに濡らしたキッチンペーパーを敷いたところに
 入れて冷蔵庫保存)

多少ビタミン抜けるかも、ですが、ここまでやっておくと
夕食の準備がほんとにラク。

出掛けていたときなど、1からコロッケ作る元気って
そんなにないので(^^ゞ


卵は「完全栄養食品」といわれるほど、たん白質をはじめ、
ビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養素が含まれています。

アミノ酸バランスのよい卵のたん白質細胞の若さを保つ
ために最高のもの。

細胞が若々しいと健康維持はもちろん、美肌にも繋がります。

目指せ! ”細胞美人”

ベーコンも入ってはいますが、これだけだと少したん白源が
不足がちですので、

副菜に豆腐を使ったり、ササミを使ったりしています。

卵に不足しているビタミンCと食物繊維
きのこや根菜を使ってたっぷりと!


ひき肉と玉ねぎのオーソドックスなお肉屋さんっぽい
コロッケも捨てがたいものがありますが、

たまにはおうちにあるものだけを使ったコロッケも
おいしいですょ♪


今日もご訪問いただき、ありがとうございます。(*^^) 
ランキングに参加しています。応援クリック凸凸いただけると嬉しいです。♪


人気ブログランキングへ

明日もおいしいごはんでラッキーな一日でありますように☆


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます☆
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
肉、卵、チーズ | コメント(13) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。