スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

根菜の辛味噌煮

2010/02/23 Tue 21:00

夕ごはんの献立を決めるとき、どんなことから考えますか?

私は・・・基本的に自分が食べたいものっ!( ̄∇ ̄;)

次に家族からリクエストがあったものをベースとして、

あとはそこに足りない野菜とか海藻とか豆腐を使ったものを
なるべく味や素材、調理法が重ならないように考えています。
(「まごはやさしい」を頭に入れつつ)→→→まごわやさしい

だいたい前日の夜かその日の朝に考えて、朝ごはんの
片つけのときある程度の下準備をしてしまうことが多いです。

あ、買い物してある場合ですが。


煮ものひとつ煮ておくだけで、フライの衣をつけるまで
やっておくだけで、サラダの下準備をしておくだけで、
夕食前のバタバタ時間が随分解消されるものです。

煮ものやカレー、おでんなどは特に作ってから少しおいた方が
(できれば次の日の方が)味がなじんでしみ込んで、
美味しかったりしますょね。


今日はやっぱり作ってから少しおいた方が美味しい煮もの、
「辛味噌煮」です。


『根菜の辛味噌煮』
根菜の辛味噌煮
スナップえんどうを添えました~


【材料 3人分】

大根・・・・・・・・250g(皮付き)
レンコン・・・・・・150g(皮付き)
豚小間切れ・・・・・100g
ごま油・・・・・・・大さじ1

<A>
水・・・・・・・・・250cc(ひたひたの量)
酒・・・・・・・・・50cc
だしの素・・・・・・小さじ1/3
砂糖・・・・・・・・大さじ2
みりん・・・・・・・大さじ1

味噌(中辛)・・・・大さじ2
豆板醤・・・・・・・小さじ1~


【作り方】

①大根とレンコンは皮をむいて乱切りにする。
 豚小間は食べやすく切る。

②鍋に①と水(分量外)を入れて強火にかけ、
 煮立ったら火を弱めて1分ほど下ゆでをし、
 鍋のフタで中身をおさえてお湯を捨てる。
*下ゆですることにより、アクが抜け、味がしみこみやすくなります。

③②にごま油と豚小間を加えて強火で水気を
 とばすように炒める。
 
④Aを③に加えて混ぜ、強火にし、煮立ったら
 アクをとり、おとしぶたをして弱火で10分煮る。

⑤味噌を煮汁で溶かし入れ、全体を混ぜて
 さらに10分煮る。

⑥最後に豆板醤を加えて強火で煮詰め、
 煮汁を全体にからませるようにする。


【ひとこと】

☆人参、ごぼう、里芋などあれば一緒に煮ると
 さらにおいしいです。

☆豚肉は少しだけ加えるとコクが出ます。
 バラ肉でもOK。

☆辛いのが苦手な場合は⑤で煮詰めて煮汁を
 からませます。(豆板醤なしで)

☆うちはムスコだけが辛いものが苦手(>_<)
 ⑤で大根、レンコンはやわらかくなっており、
 味も入っているので、ムスコのぶんだけ
 取り分けてから最後に豆板醤を加えています。


大根やレンコンなどの根菜類には食物繊維がたっぷり!

食物繊維は5大栄養素(炭水化物、たん白質、脂質、
ビタミン、ミネラル)に次ぐ第6の栄養素といわれ、

整腸作用による生活習慣病の予防やデトックス(解毒)
の効果
(腸の中で有害物質を捕まえてスムーズに排泄へ
導く働き)も期待できます!

根菜類はよくかむことも必要となってきます。
「よくかむこと」の効果として、「日本咀嚼学会」では
次のことを挙げています。

■ダイエット(満腹中枢を刺激)

■脳の働き活発化(脳細胞の代謝活発化)

■虫歯予防(唾液の分泌を促すため)

■ガン予防(唾液が発ガン物質を中和)

■美肌作り(唾液に含まれる若返りホルモンが分泌)

■肩こりに(よくかむことによりアゴの筋肉を使い
 血流がよくなる)


など。

そして片側だけでかまないことも大切!

片側だけでかんでいると片側だけの筋肉が使われるため
長い間には輪郭がゆがんでくるようになることもあるようです。

怖いですね。( ̄□ ̄;)


一口で30回かむことが理想とされていますが、
難しい場合はせめて20回!習慣化していきたいものです。


今日もご訪問いただき、ありがとうございます。(*^^) 
ランキングに参加しています。応援クリック凸凸いただけると嬉しいです。♪


人気ブログランキングへ

明日もおいしいごはんでウキウキな一日でありますように☆


足跡残していただいたブロガーさんへは後ほど訪問させていただきます☆
↓↓↓

おきてがみ


スポンサーサイト
淡色野菜 | コメント(9) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。