スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

圧力鍋DEいか大根

2010/02/07 Sun 21:16

冬によく作るお惣菜のひとつ、「いか大根」。
今日は圧力鍋を使ってあっちゅーまに作りました。

圧力鍋。便利ですが、途中で味見することができません。
ですので、普段お鍋で作っていて、途中で味見しなくても
大丈夫!っていうものだけは、
圧力鍋を使っています。

なんせ速い! カタイものが素早くやわらかくなる!
ほっとけば美味しくしてくれる!!


毎日の夕食作りにそれほど時間をかけられないっ
という方には必須アイテムかもしれませんね。


本日の「いか大根」も短時間でいかも大根もやわらかく仕上がり、
味がしっかりしみこみますょ!^m^


『圧力鍋DEいか大根』
イカ大根


【材料 3~4人分】

イカ・・・・・・・・1パイ
大根・・・・・・・・皮付きで400g
しょうが・・・・・・1かけ

<A>
水・・・・・・・・・400cc
だしの素・・・・・・小さじ1/2
砂糖・・・・・・・・大さじ1弱
酒、みりん・・・・・各大さじ2
醤油・・・・・・・・大さじ3

トッピング用のしょうが(千切り)


【作り方】
①イカはワタとナンコツをはずして洗い、皮付きのまま輪切りにする。
 ゲソは吸盤の硬い部分を洗いながら落とし、食べやすい長さに切る。

②大根は皮をむいて1.5㎝厚さの半月切りにする。
 鍋に大根と水を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱めて約1分下ゆでする。
*下ゆですると大根のアクが抜けて苦味が抜けるとともに
 味がしみこみやすくなります。


③しょうがはよく洗い、皮付きのまま薄切りにする。
*皮の部分に香り成分が多く含まれます。

④圧力鍋に②の大根と①のイカ、<A>をすべて加えて
 フタをして強火にかける。(圧力設定がある場合は「強」にて。)

⑤おもりが上がり、シューっと湯気が出てきたら火を弱めて5分

⑥火を止めてそのまま冷めるまで置く。
*冷めている間にじっくり味がしみ込みます。

⑦温めるときはフタをとり、煮汁をとばすようにしながら
 時々鍋をゆすり3~5分煮詰める。


【ひとこと】
☆砂糖はお好みで入れなくてもOKです。

☆作った次の日はさらに味がしみこみ、大根の甘味も増します。
 (できれば、朝作って→夕食に。夜作って→次の日の夕食に。)

☆画像はけっこう色濃く写ってますが、それほどしょっぱくは
 ないのでご安心を(^^ゞ


イカはさばくのがちょいとメンドーではありますが、
最近ではスーパーでも輪切りになっていてすぐに使えるものも
売っていますので、そんなのを使うとさらにラクチンですね♪


イカの代表的な栄養素、「タウリン」については以前の記事
にも書きましたが、そのほかにも

糖代謝に関与し、毛細血管を丈夫にする亜鉛」も豊富に含まれます。

これらのタウリン、亜鉛パワーにより、
イカは血液や血管の健康を保つ食品、といえそうです。

血管は血液を通して体内のすみずみまで栄養素や酸素を
行き渡らせるとともに、体内の老廃物を排出する
重要な役割をしています。


生活習慣病やメタボ対策、またアンチエイジング、美しく年を重ねて
いくためには血液と血管の健康は非常に重要!

イカだけ毎日食べればよい、という極端な話ではありませんが、
そんな重要な血液や血管を健康に保つ栄養素がたっくさん
含まれている食品、ということです。

低脂肪、高たん白質なので、ダイエッターの方にも
オススメです(*^^)v


応援クリック凸凸♪よろしければお願いします~^^


人気ブログランキングへ


いつもありがとうございます♪
スポンサーサイト
エビ、イカ、タコ、貝類 | コメント(6) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。