スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

手羽先の甘辛

2009/11/13 Fri 16:18

今日は先日の「野菜たっぷりスープ」で残った手羽先を使った
料理です。



うちではスープをとったあと、冷凍しておいて後日の主菜に
登場します!

スープに旨味がすべて出てしまって残った手羽先の肉は
パサパサ・・・?

なぁんてことはなく、しっかり美味しくいただけます♪


『手羽先の甘辛』手羽先甘辛 ブログ

【材料(3人分)】
・手羽先・・・・・・・・・・・・・6本
・片栗粉、油、白ごま・・・各適量

<甘辛ダレ>
・砂糖、醤油、酢・・・・・・・各大さじ2

【作り方】
①フライパンに油を入れて、熱くする。
*180℃くらい。木の菜箸をフライパンの底に当て、
 小さい泡が出てくればOK。
*鍋底から1㎝くらいの油での揚げ焼きでもOK!


②手羽先は自然解凍させ、水気をふきとり、片栗粉をまぶす。

③①に②を入れる。
*皮面から!(パリっと仕上げるため)

④皮面がほどよくキツネ色になってきたら裏返す。

⑤揚げている間に砂糖、醤油、酢を小鍋に入れて混ぜ、
 煮立たせる。

④手羽先の両面がほどよくキツネ色になったら、油きりに
 取り出し、バットなどに並べて⑤を上からかける。
*油きり・・・うちではガステーブルについている魚のグリルを
 引き出し、キッチンペーパーを敷いて油きりがわりにしてます。


⑤2~3回手羽先を裏返し、タレをからませる。

⑥器に盛り、白ごまをふりかける。

【ポイント】
★手羽先に水分が残っていると、片栗粉がつきにくいので、
 キッチンペーパーでしっかりとふきとりましょう。

★残った揚げ油(揚げ焼の場合も)は油ポットに入れて、
 炒め物に使います。(酸化しやすいので、揚げものするとき
 うちではほとんど揚げ焼状態の少なめの油です。残った油も
 しっかり使いきってます。)

★甘辛ダレは煮立ったらすぐに火を止めてOK!
 煮詰めすぎるとタレが蒸発してコゲてしまいますので(^^ゞ

★スープでは手羽先を12本使いました。
 12本すべてを甘辛にする場合、タレの材料は2倍で。

 半分は塩、コショーでも美味ですょ。

 また、12本では多い!という場合、12本をタレにつけたあと、
 6本だけは肉を骨からはずしてほぐしておきます。
 
 次の日にそのままサラダやチャーハンに加えても美味です。

★タレに酢を加えました。
 酢が入ることにより、さっぱりとした味わいに仕上がります。


我が家の家族の大好物の1品。

とても残り物で作ったとは思えない勢いでたいらげてくれます。


本場、名古屋の手羽先に負けず劣らず、
おうちでもそれほど手間かけないでできますょ!


やっぱり手羽先にはビールかな(^u^
スポンサーサイト
肉、卵、チーズ | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。