スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

玉子がゆ

2012/11/02 Fri 20:00

北風が冷たい季節になってきました。

そろそろタヌキのマフラー新調してもいいかな。( ´艸`)


・・・などとノンキなことを考えていましたら。
ムスコが風邪をひきまして。



体調不良、食欲落ち気味なときの彼の食事は

おかゆに梅干し、りんごのすりおろし

というのが定番ではありますが、

もう少し食べられるようになってきたときには
玉子がゆを作ります。


だしは天然ダシパックから煮出したものを使って。

ほっとするお醤油味は風邪ひきさんでなくても
寒いとき、食べたくなる味です。



『玉子がゆ』

121102玉子がゆ
↑レシピの半分量の盛り付けです。


【材料 1人分】

ごはん・・・・・・・・1/2杯(100g)
だし汁・・・・・・・・1カップ(ごはんの2倍量)
醤油・・・・・・・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・・少々
卵・・・・・・・・・・1ケ
万能ねぎ


【作り方】

①鍋にごはんとだし汁を入れて火にかける。
 煮立ったら弱火にして5分煮る。

②醤油、塩を加えて味を調え、
 フツフツとしているところへ卵を流し入れ、
 フタをして20秒。火を止めて30秒蒸らす
*卵は少し生の部分が残る状態ですが、③で混ぜることに
 より、ほどよく半熟状態に。


③全体を混ぜて器に盛り、万能ねぎの小口切りをちらす。





食欲落ちているときにはどれくらい食べられるか
わからないので、1人分でも一度に盛らずに、2回に分けて。


具合の悪いときの味付けは、
いつもより薄味ぐらいがほどよいようです。


醤油+塩のかわりに味噌味も美味。


1人用の土鍋と時間があれば、
お米からコトコトと炊きたいところです。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
ごはん、餅 | コメント(6) | トラックバック(0)

小松菜の和風チャーハン

2012/10/17 Wed 20:46

小松菜をたっぷり使ってのチャーハンは
白ごまも多めに加えて香ばしく仕上げます。

小松菜も白ごまもカルシウムがたっぷり。
育ち盛りのお子様や妊婦さんにも
おすすめの炒めごはんです。

あればジャコやしらす干しを加えれば
さらにカルシウム力アップ!
(その場合には塩分考慮にて加える塩分を控えめに。)

白だし使用の和風テイストチャーハンです。



『小松菜の和風チャーハン』


★121017小松菜の和風チャーハン


【材料 2~3人分】

小松菜・・・・・・・・・・1/2束(150g)
卵・・・・・・・・・・・・2ケ
白ごま・・・・・・・・・・大さじ2
ごはん・・・・・・・・・・500g

ごま油・・・・・・・・・・小さじ1×3
塩・・・・・・・・・・・・2つまみ+α
こしょう・・・・・・・・・少々
酒・・・・・・・・・・・・大さじ1
◆白だし・・・・・・・・・大さじ1
◆水・・・・・・・・・・・大さじ1
醤油・・・・・・・・・・・大さじ1


【作り方】

①小松菜は粗みじんに切る。
 卵は溶きほぐす。
 ◆を混ぜておく。
*ごはん:冷凍ごはんの場合には温めておく。

②フライパンにごま油を熱し、溶き玉子を流し入れ、
 強火で大きく混ぜ、半熟状になったら取り出す。
*卵が残るとこのあと焦げやすいのでキレイに取り出す。

③②のフライパンにごま油小さじ1を足し、
 小松菜、塩2つまみ、こしょうをふりかけ、
 強火で炒める。全体に油がまわり、カサが減ったら取り出す。
*小松菜はシャッキリ感を残したいので炒めすぎないように。

④③のフライパンにごま油小さじ1を足して熱し、
 ごはんを入れる。全体に酒をふりかけ木べらで
 ごはんを切るように焼きつける。(強めの中火)

⑤混ぜた◆の半分をごはんにふりかけ、
 時々フライパン返しをしながら焼きつける。
*あまり混ぜ過ぎないように焼きつけるようにします。

⑥取り出しておいた卵と小松菜を加えて強火にし、
 木ベラで切るように時々フライパン返しをしながら炒め、
 最後に醤油を回しかけて全体を混ぜ、器に盛る。




小松菜やごはんの量は目安にて。

白だしはお吸い物にするときに15倍に
薄めるもの
を使っています。


フライパンは途中、洗わずにその都度ごま油を足して
いく方法で。

ごはんを炒めるときにお酒をふりかけると
パラリと仕上がりやすいです。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

ごはん、餅 | コメント(8) | トラックバック(0)

栗ごはん

2012/10/14 Sun 20:00

旬まっさかりの

今日は栗ごはんがおいしく炊けたので( ´艸`)
前回予告の小松菜シリーズはお休みして
栗ごはんレシピを。


只今実家に来ておりまして、
ご近所さんがもってきてくれた拾ったばかりの栗。


121014栗


この倍ほどの量があったのですが、
半分はゆでてそのままいただき、

残りの半分は栗ごはんにすることに。

都会じゃ旬でも栗は買うと高いのですよね。。。

今回はたくさんあったので、
贅沢にちょっと多めの量で栗ごはんです。



『栗ごはん』

121014栗ごはん


【材料(米2合分)】

栗・・・・・・・・・・20粒ぐらい
米・・・・・・・・・・2合
◆酒・・・・・・・・・大さじ1
◆みりん・・・・・・・大さじ1
◆塩・・・・・・・・・小さじ1

だし昆布・・・・・・10㎝


【作り方】

①栗の皮をむいて水に浸しておく。
 (方法は下記にて)

②米は洗って水けをきって30分ほどおく。

③米を炊飯器の内釜に入れ、◆を加えて水を
 2合の線まで入れて軽く混ぜ、表面を平らにする。

④昆布を加え、①の栗を加えてスイッチオン!

⑤炊き上がったら、昆布を取り出して千切りにして
 ごはんに戻し、底の方から混ぜ、器に盛る。




お好みで、黒ごまをふっても◎。

一緒に炊きこんだ昆布は、炊き上がったら取り出して、
刻んでごはんに混ぜ込むことで無駄なくおいしくいただけます。


栗の甘さが、なんともおいしく秋の味。


そうそう。
ぢつわワタクシ栗をむくのが苦手。
ってかメンドーーー( ̄∇ ̄;)

ずっと昔に切れない包丁で栗の皮をむいていて
手を切ったことがトラウマになっていたり、

むき栗を買って栗ごはんにしたら
おいしくなかったことがあったりして、
しばらく栗ごはん、炊いていませんでした。


今回は栗むきが苦にならないという
母にお願い。(・▽・)オカーサンアリガトウ

一晩水につけておいた栗を
熱湯に入れて1時間。


そうすると渋皮まで案外むきやすいようです。

むいたものはアクがあるので水に浸して2~3時間。


ゆでたり圧力鍋使ってむく方法も
ありますが、母はもっぱらこんな方法で
むいているようです。


ほっくりと炊きあがった栗ごはんは
栗の甘味も引き立って。
おかわりしたくなるほどのおいしさに。

療養中の父も喜んで食べてくれました。^^



~おまけ~

121014マロンオムレット


大好きなケーキ屋さんの秋の味、
といえば「究極のモンブラン」ですが、ワタシの場合。

今回は控えめ(?)に「米粉のマロンオムレット」を。

ふんわりしっとりの米粉生地と栗の甘さが
生かされたクリームとの相性がバツグンです!ウメ~♪


今日もごちそうさまでした。^^


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

ごはん、餅 | コメント(12) | トラックバック(0)

青じそ香るごはん

2012/09/08 Sat 20:00

この夏、何度も作った青じそごはん

いつもの夏にも増して食欲減退だった
ワタシを救ってくれたごはんです。

暑いとき、麺類は食べる気になれたのですが、
ふだんごはん大好きなワタシでも、
なかなか白いご飯、食べる気になりませんでした。

食べないと体力ガッツリ落ちるので、
ごはんに合うおかずをあれこれ工夫したり。

食欲そそるスパイスや辛味、香味野菜を使ってみたり。。。


ただ、お腹がすいてないのに無理矢理食べる、
ということはしたくなかったので、

スムージーやすいかのジュースなどの
水分を補いつつ、食べやすいスープやポタージュも
取り入れつつ、、、

フルーツは食べたいものNo1だったので、
毎日たっぷりのフルーツをいただきつつ、、、
なんとか9月を迎えた次第。


自分がおなかがすかないと、
料理のアイディアもなかなか沸いてこないのですよね。( ̄∇ ̄;)

これはワタシの場合仕事にかかわることなので、
このままじゃヤバイ!と思い、

お風呂に長く入ってみたり、いつもより
エクサの時間を長くしてみたり、

おなかがすく工夫もイロイロしていました。(^^ゞ

でも9月に入ってようやく気温も8月よりは
落ち着いてきて、

少しずつ食欲も戻りつつあります。^^
さすが食欲の秋。


おなかがすくってありがたいことなのだなぁと
自分のカラダを労わる大切さもここから学び、

おなかがすくって「生きてる」実感するものだ、
と改めて感じました。(^^ゞ



食欲あるときにももちろんおいしい青じそごはん。


実家の庭に繁殖する青じそをたっぷりと使って。

混ぜているときから食欲そそる
香りのよいごはんです。



『青じそ香るごはん』

120908青じそ香るごはん①


【材料 2~3人分】

ごはん(炊きたて)・・・・・・1合分
青じそ・・・・・・・・・・・・20枚
塩・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
白いりごま・・・・・・・・・・大さじ1


【作り方】

①青じそは軸を切り落とし、縦半分に切って
 千切りにし、塩をまぶして10分ほどおく。

②①をキッチンペーパーに包んでギュっと絞り、
 ほぐしておく。
*茶色っぽいアクを含んだ水分がけっこう出ます。
*青じそがかたまっているとそこだけしょっぱく
 なってしまいますので絞ったあとはよくほぐしておきます。


③炊きたてのごはんに②と白ごまを加えて混ぜる。




おにぎりにしても◎。

120908青じそ香るごはん②


青じそと白ごまがよく合い、
仕事のときにはおにぎりにして持参。

おにぎりにするときには、
青じそにまぶす塩を少し控えめにしておき、
刻んだ梅干しを一緒に混ぜ込んでも
美味。


青じそには抗菌作用や神経の高ぶりを鎮静する
作用
がありますが、

梅干しの抗菌作用や香り成分との協力で、
青じそごはんに梅干し加えたごはんは
ストレス解消効果もアップします。



大地の恵みに感謝しながら、
もうすぐ庭に青じそが繁殖する季節も終わりですが、

このごはん、夏でなくても思い出したら食べたくなる
ごはんになりそうです。(・▽・)


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

ごはん、餅 | コメント(13) | トラックバック(0)
「オトナのしょうが焼き」で使った
新しょうが漬け
残るは漬け汁のみとなりました。

手作り保存食のいいことのひとつは
残った漬け汁まで無駄なく安心して
使いきることができるところ。


今日は残った漬け汁を使ってのさっぱり
混ぜごはん。


具材はかんぴょう、干ししいたけ、ひじき、
にんじん、油揚げ
とどれもだいたい我が家には
ストックのある材料たち。


トッピングには梅干しと青じそを刻んでのせて
さっぱり度アップ♪


じめっとしがちかと思えば、まるで夏のように
暑い日もあるこの時期にぴったりの
食べやすい混ぜごはんです。




『初夏のさっぱり混ぜごはん 
     ~新しょうが漬け汁リメイク~』


120629初夏の混ぜごはん


【材料 3人分】

米・・・・・・・・・2合
押し麦・・・・・・・大さじ2


かんぴょう(乾)・・・15g
干しシイタケ・・・・・3ケ
ひじき(乾)・・・・・大さじ1
にんじん・・・・・・・小1/2本
油揚げ・・・・・・・・小1枚


新しょうが漬け汁・・・大さじ3

◆砂糖・・・・・・・・・大さじ1
◆酒・・・・・・・・・・大さじ1
◆みりん・・・・・・・・大さじ1
◆醤油・・・・・・・・・大さじ3
◆だしの素・・・・・・・少々

白ごま・・・・・・・・・大さじ1

卵・・・・・・・・・・・2ケ
砂糖・・・・・・・・・・小さじ2

梅干し・・・・・・・・・1ケ
青じそ・・・・・・・・・5枚
もみのり・・・・・・・・適量


【作り方】

①米は洗って炊飯器の内釜に入れ、2合の線まで
 水を入れる。押し麦を加えて普通に炊く。

②・干ししいたけは水で戻して千切りにする。
 ・かんぴょうは洗って塩もみして3分ほどゆでる。
  水にさらして冷まし、水気を絞り、細かく切る。
 ・ひじきは水で20分もどす。
 ・にんじんは薄い輪切りにしてから千切り。
 ・油揚げはキッチンペーパーで油をふきとり、
  1/3に切ってから千切りにする。
*干ししいたけ:急いで戻す場合にはフタ付き耐熱タッパーに
 砂糖水とともに入れてレンチン。
*かんぴょうは一度にたくさん下処理しておいて
 冷凍しておくと味噌汁や煮ものなどに手軽に使えます。


③②のすべてを鍋に入れ、干ししいたけの戻し汁を入れる。
 水をひたひたに加え、◆も加えて落としぶたをして
 火にかけ、煮立ったら強めの弱火で20分煮てしばらくおく

④・青じそは縦半分に切ってから千切りにして
  キッチンペーパーでギュっとしぼる。
 ・梅干しは種を除き、丁で叩く。

⑤卵を溶きほぐし、砂糖を加えて混ぜ、炒り卵にする。

⑥①のごはんが炊けたらボールに移して
 新しょうがの漬け汁をまわしかけ、しゃもじで
 切るように混ぜながらうちわであおぐ。

⑦⑥の間に③を再び火にかけ、強火で時々混ぜながら
 煮汁を飛ばす。

*鍋を傾けても汁気が出なくなるまで。

⑧⑥のごはんが温かいうちに⑦と白ごまを加えて
 切るように混ぜる。

⑨キッチンペーパーを濡らして絞り、⑧の上にかけ、
 しばらく冷ます。

⑩器に⑨を盛り、炒り卵、梅干し、青じそをトッピングして
 もみのりをちらす。
 


【ひとこと】

☆新しょうがの漬け汁がない場合には合わせ酢にて。

 ・米酢(or黒酢)・・・・大さじ2
 ・塩・・・・・・・・・・小さじ1/3
 ・砂糖・・・・・・・・・大さじ1


 上記で米2合分に対する合わせ酢の量です。
 (塩分控えめの寿司酢です。)





新しょうが漬けそのものが残っていたら、
もちろん一緒に加えてしまっても◎。


コツは混ぜ込む具材の煮汁をしっかり
飛ばしきって汁気をなくすこと。


けっこう濃いめの味になりますので、
塩分控えている場合にはある程度煮詰めたら
ざるにあげて汁気をきります。


新しょうがのさっぱり漬け汁と
梅干し、青じそも加わってとっても食べやすい
混ぜごはん。


さらに漬け汁残っていれば、
ドレッシングベースとしても。

オイルと醤油少し、あればレモン果汁を絞れば
野菜がモリモリいただけます♪


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ
ごはん、餅 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。