スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

里芋と長ねぎのごま味噌汁

2012/11/18 Sun 20:00

寒くなり、こっくりとした汁物がおいしいです。

今日は味噌汁に白ねりごまを加えてみました。

具材は里芋と長ねぎ。

ま、別に他の具材でもよいのですが、
なんとなくコクのある白ごまに合いそうで
家にあったもの。


さっぱりとしたおかずのときにも
汁物にコクがあるとバランスがとれそうです。



『里芋と長ねぎのごま味噌汁』

★121118里芋と長ネギのごまみそ汁


【材料 3人分】

水・・・・・・・・・・・450ml
だしパック・・・・・・・1ケ
里芋・・・・・・・・・・4ケ
長ねぎ・・・・・・・・・1/2本
万能ねぎ
◆味噌・・・・・・・・・大さじ1・1/2
◆白ねりごま・・・・・・大さじ1


【作り方】

①小鍋に水とだしパックを入れて火にかける。
 煮立ってきたら火を弱め、フツフツさせながら7分。

②里芋は洗って皿にのせ、レンチン900w40秒。
 冷まして皮をむき、食べやすく切り、水洗いしてから
 ①の鍋に入れる。
*①で7分の途中でも里芋の準備ができたら、だしパックを
 入れたまま里芋を加えて煮ます。


③長ねぎは斜め薄切り。
 万能ねぎは小口切りにする。

④里芋を入れてから5分ほどしたらだしパックを
 絞って取り出す。

⑤長ねぎを加え、◆を溶き入れる。

⑥器に盛り、万能ねぎをちらす。




要はいつものお味噌汁にねりごま入れただけですが。( ̄∇ ̄;)


ねりごま。ワタクシ、最近は使いやすいチューブのものを
使っています。

瓶のもののように分離していなくてやわらかいので
絞り出すだけで使いやすく、味も瓶のものとさほど変わらず。

大さじ1に絞り出すときにも力いらずです。


だしや味噌を変えるとすぐにバレバレの
我が家ですが、

このお味噌汁の反応は、、、

「なんだかいつもよりコクがある?」

ってな感じで、ねりごま入りとはわからなかった
ようす。( ´艸`)


毎日摂りたい食品でもある胡麻。
寒いときにはこんな形の
取り入れ方もいいかもしれません。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
スープ、汁もの、鍋 | コメント(10) | トラックバック(0)
乾燥の季節。

鍋ものはダイニング全体が温まって湯気も出るので
部屋全体もほどよくしっとり。

食べればカラダも芯から温まるので
この時期は毎日でもいただきたいぐらい。


今日は鶏肉とレタスをメインにしたあっさりの
しゃぶしゃぶで。


鶏肉は脂の少ないムネ肉使用。

そのままだと加熱後のパサつきが気になるので
薄切りしてから片栗粉でコーティング

トゥルンとした舌触りがなんともいえず
あとひくおいしさ。


レタスはシャッキリ感が残るほどにお湯を
通せば、これまたいくらでもいただけます。


しゃぶしゃぶといえば、ポン酢、ごまダレが
定番ですが、今日は温めたそばつゆごときの
めんつゆで。


脂も油も少なく、野菜もたっぷりといただけるので、
ダイエット中の方にもおすすめです。



『鶏とシャッキリレタスのあっさりしゃぶしゃぶ』

★121106鶏しゃぶ①


【材料 2人分】

鶏ムネ肉・・・・・・・・1枚
レタス・・・・・・・・・6~8枚
水菜・・・・・・・・・・1/2袋(3株)
しめじ・・・・・・・・・小1パック
長ねぎ・・・・・・・・・1本
春雨・・・・・・・・・・50g

だし昆布・・・・・・・・10㎝
水・・・・・・・・・・・1200ml

片栗粉・・・・・・・・・大さじ1強

◆めんつゆ(3倍濃縮タイプ)・・・70ml
◆水・・・・・・・・・・・・・・140ml

薬味(長ねぎ、おろししょうが、大根おろし、すりごまなど)
うどん


【作り方】

①だし昆布は長さを半分に切り、それぞれに切り込みを入れて
 土鍋に入れ、水も加えて30分ほどおく。
*だし昆布は後から食べやすいように切り込みを入れておきます。

②鶏ムネ肉は皮をはぎとり、薄いそぎ切りにする。
*はぎとった皮は細切り→カリカリ焼きにしてサラダのトッピングや
 和えものに。また、冷凍してためておいて鶏皮せんべいなどにも。
*鶏肉は皮を除いてから冷凍して半解凍で切ると薄く切りやすいです。
*アルミトレーなどに切った鶏肉を重ねないように並べ、
 いっぱいになったらラップを敷いて上に並べていきます。
 (後から片栗粉をふりかけやすいよう。)


③レタスは大きめにちぎる。
 水菜は4㎝に切る。
 しめじは石づきを除いてほぐす。
 長ねぎは斜め薄切り。
 薬味の準備をする。

④②の鶏肉に片栗粉をまぶして皿に並べる。
*片栗粉は茶こしでふるうと薄くまんべんなくつきやすいです。
 片面のみでOK


⑤①の土鍋を火にかける。

⑥◆を小鍋に入れて火にかけ、フツフツとしてきたら器に分ける。

⑦⑤の鍋がフツフツとしてきたら肉や野菜をしゃぶしゃぶして
 薬味入りのアツアツつゆにつけていただく。
*春雨、しめじは3分ほど煮てから。





まずはレタス!

★121106鶏しゃぶ③


たっぷりの薬味を入れて~

★121106鶏しゃぶ④
シャッキリ旨々。^^




そして鶏肉も♪

★121106鶏しゃぶ②



はうどんやしゃぶ餅、焼き餅などをしゃぶしゃぶして
つけつゆでいただきます。

そうそう。出汁として入れた昆布
忘れずにいただきますよ。

最初に切り込み入れておけば分けて食べやすいです。


途中、つけダレの味に飽きてきたら
ねりごまやラー油、ポン酢などを加えても美味。


最初の薬味、おろししょうがのかわりに
わさびでもこれまたイケる味。


レタス大きめの葉っぱ6~8枚って
サラダにしたらかなりの量になり、

そのぶん、ドレッシングも必要に。
ということは油や塩分も多くなってしまいますが、

このしゃぶしゃぶであれば、
2人でこの量はペロリといけます。


上記野菜の種類と分量は、あくまで目安にて。


ワタシはひたすらレタスでもいいぐらい
ハマってしまいましたが、

もやしや生わかめ、豆苗などもおいしくいただけます。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スープ、汁もの、鍋 | コメント(8) | トラックバック(0)

すいとん入り芋煮きのこ鍋

2012/10/28 Sun 20:00

鍋ものもおいしい季節になってきました。

前の土鍋とサヨナラしてからしばらく
お鍋のときにはルク鍋で代用していた我が家も
今年は購入。^^

今日は何故かすいとん気分♪だったのと
里芋どっさりいただいたので、
さらにきのこもあったので、

みんな一緒にしてお鍋♪


すいとんは片栗粉を加えてもっちりプリプリに。

里芋とえのきでとろ~んとした
出汁と一緒にいただくショウガも加えた
カラダが温まるお鍋です。



『すいとん入り芋煮きのこ鍋』

121028すいとん入り芋煮きのこ鍋


【材料 3~4人分】

里芋・・・・・・・6ケ
しめじ・・・・・・小1パック
えのき・・・・・・1袋
舞茸・・・・・・・1パック
長ねぎ・・・・・・1本
春雨・・・・・・・50g
油揚げ・・・・・・小2枚
豚小間切れ肉・・・120g

<すいとん>
薄力粉・・・・・・100g
片栗粉・・・・・・50g
水・・・・・・・・120ml

<鍋のだし>
◆水・・・・・・・・・1ℓ
◆だしパック・・・・・1ケ

●醤油・・・・・・・・60ml
●酒・・・・・・・・・60ml
●みりん・・・・・・・大さじ1
●塩麹(あれば)・・・大さじ1
●しょうが・・・・・・1かけ(千切り)

万能ねぎ


【作り方】

①里芋は洗って皿にのせ、ラップなしにてレンチン。
 900w1分。冷まして皮をむき、食べやすく切って水にさらす。
*レンチンしてからの皮むきでぬるぬる抑えてむきやすく。

②土鍋に◆を入れて火にかける。
 煮立ったら火を止めてしばらくおく。

③・きのこ類は石づきを除き食べやすく切る。
 ・長ねぎは斜め切り。
 ・油揚げはペーパーで表面の油をふきとり、食べやすく切る。
*豚肉は小間切れ肉や切り落としを使えばカットの必要なし。

④すいとんを作る。
 小鍋にお湯をわかす。
 ボールに薄力粉と片栗粉を入れてホイッパーでよく混ぜ、
 水を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜる。
*粉だけで混ぜておくことにより、軽くふるった感じになり、
 水を加えたときにダマになりません。


 お湯が沸いたら生地をスプーンですくって落としていく。
 浮き上がってきたら水をはったボールに入れる。
*ここで完全に火を通さなくてもあとで鍋に加えて煮るのでOK。

⑤②の土鍋の火をつけ、●と里芋を加える。
 煮立ってきたらアクをすくい、3分煮てだしパックを絞って
 取り出す。

⑥③の材料と春雨(乾燥のまま)、豚肉、
 ④のすいとんを加えて煮る。

⑦2~3分ぐつぐつとさせ、豚肉に火が通ったら
 万能ねぎの小口切りをちらしてできあがり。

七味唐辛子や柚子胡椒をお好みで加えてどうぞ。




豚肉は小間切れをほんの少し。味出し程度に。

塩麹は少し加えるとまろやかさ&コクが出ますが
なくてもOK。

きのこは3種類を加えることできのこの旨味が
掛け合わされて旨味3倍。

ささがきごぼうをたっぷり加えてもまた旨し。

油揚げもいい味出してくれてます。


おつゆも一緒にいただく具だくさんの汁物お鍋なので、
この日は鍋→雑炊という流れではなく、

大根葉ごはんを別に準備しておきました。


ま、すいとん入りなので、ごはんなしでも
いいくらいですが。


すいとんは上記の分量で15ケほどできます。


片栗粉入りのやわらかもっちり食感なので、
”ちくわぶ”に似た感じ。

お餅や白玉粉ないときのぜんざいのお餅がわりに
してもイケますよ。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スープ、汁もの、鍋 | コメント(4) | トラックバック(0)

オニオングラタン風スープ

2012/10/22 Mon 20:00

朝ごはんにホテルの味のコーンブレッドと一緒に
いただいたのはオニオングラタン風スープ

そういえば去年の今頃も
「長ねぎのオニオングラタン風スープ」
記事にしておりました。

この時期になると食べたくなるスープのひとつです。


今回は玉ねぎ使ってしっかり炒めての作り方ですが、

バゲットなし、オーブン焼きなしの
お手軽ヴァージョン。


玉ねぎは最初にレンチンして炒める時間を短縮し、
炒めるのも蒸し焼きを活用して
の作り方。

少々時間はかかるものの、ずっと炒め続けなくても
他の作業をやりながら作れる方法
です。




『オニオングラタン風スープ』

★121022オニオングラタン風スープ


【材料 3人分】

玉ねぎ・・・・・・・・・1ケ
バター・・・・・・・・・10g

◆水・・・・・・・・・・450ml
◆酒・・・・・・・・・・大さじ1
◆コンソメ顆粒・・・・・小さじ1
◆塩、こしょう・・・・・子アク少々

とろけるチーズ、ドライパセリ


【作り方】

①玉ねぎは薄切りにしてレンチン。(900w3分)
 そのまま余熱で3分おく。

②厚手の鍋に①とバターを入れ、中火で炒める。

③バターが溶けたら火を弱め、玉ねぎを鍋底全体に
 広げ、フタをして30秒から1分。
 混ぜて再び玉ねぎを広げ、フタをして30秒~1分。
 これを玉ねぎが薄茶色になるまで何度か繰り返す。

*根気があれば飴色になるまで。
*鍋底が焦げつかないように火加減にはご注意を。


④◆を加えて木ベラで鍋底をこそげとるようにしながら
 煮立て、アクをすくって弱火で2~3分煮る。

⑤器に盛り、とろけるチーズ、ドライパセリをちらす。
*器に熱湯を入れて温めておくと冷めにくく、よりベスト




玉ねぎの甘味と香ばしさが、やっぱりおいしいスープ。

アツアツのスープにちらしたチーズがとろけたところが
なんとも美味。


我が家では朝ごはんにスープのときには
たいていばんごはんの片付けをしながらのスープ作り。

このスープの場合には、④まで仕込んでおけば、
朝は温めて盛り付けてチーズとパセリをちらすだけ。



今回はじっくりバターの味を玉ねぎに吸わせたかったので
最初からバターを入れて炒めています。

玉ねぎの水分があるので、厚手の鍋で炒めれば、
それほど焦げ付き、心配することもないですが、

焦げ付きやすい鍋やバターの量を減らしたい場合には

最初に玉ねぎ炒めるときには大さじ1/2ほどの
オリーブオイルで炒め、

仕上げにバター5gほどを加えても
しっかりコク付けになってくれます。


きのことかじゃが芋とかセロリとか、、、、
他の野菜もあったら加えて具沢山のオニオングラタン風に
してもおいしそうです。^^


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スープ、汁もの、鍋 | コメント(8) | トラックバック(0)

中華風コーンスープ

2012/09/27 Thu 20:00

1日の最低気温が10℃台になる季節。

長袖も引っ張り出してきました。

そんな秋の声が聞こえると、
恋しくなるのが温かいスープ♪

少しとろみのあるポタージュ系は
温かさが長持ちしてカラダにしみこむ
感じがまたほっこり。


今日は我が家の定番、材料3つのコーンスープ
アレンジヴァージョン。


いつもはクリームコーン缶を使いますが、
今日は買い置きしてあったホールコーンを
使っています。


卵を加えてコクとボリュームもアップ。

うちでは朝から登場しています。^^



『中華風コーンスープ』

120927中華風コーンスープ


【材料 3人分】

◆ホールコーン缶・・・・・・・・小1缶(固形量155g)
◆水・・・・・・・・・・・・・・200ml

●牛乳・・・・・・・・・・・・・100ml
●鶏ガラスープの素・・・・・・・小さじ1
●塩・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/3
●こしょう・・・・・・・・・・・少々

卵・・・・・・・・・・・・・・1ケ
長ねぎ、ごま油


【作り方】

①◆をミキサーにかける。(30秒)

②①を鍋に写し、●を加えて火にかけ、
 鶏ガラスープの素を溶かす。

③②がフツフツとしているところへ溶き玉子を
 流し入れ、中火で20秒。
 火を止めてフタをして30秒蒸らす。

④器に盛り、ごま油を少したらして、
 長ねぎの小口切りをちらす。




ホールコーン缶はもちろんクリームコーン缶
使ってもOK。

とうもろこしの薄皮がへっちゃら!という場合には
こちらの方がお手軽ですね。


卵って旨味があるので、3人分で1ケ加えるだけでも
スープ自体のコクがアップ。

卵を加えてから火を通しすぎると
固まりすぎるので、余熱を利用しています。


朝ごはんに登場のときには、↑作り方②までを
前夜に仕込んでおいて、いただく前に温めながら
卵を入れます。


牛乳を豆乳に替えたり、
溶き玉子でなく、1人1ケの卵を割り入れて、
トロトロ卵を崩しながらいただくのも

おいしいです。^^


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スープ、汁もの、鍋 | コメント(5) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。