スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
秋らしくすがすがしい天気の1日でした。@東京

日向は暑いぐらいでも風はさわやかな
心地よい季節♪

朝の散歩や自転車が気持ちいいです。


夕方になるとグっと冷え込んでくる
これからの時期には煮込み料理も恋しくなります。

今日はイカとじゃが芋を圧力鍋で
煮てみました。


イカの煮ものといえばショウガを加えるのが
我が家の定番。

砂糖は加えずみりんの甘味で。

色はかなり濃いめの田舎風ですが、
味はそれほど濃くないです。


肉じゃがの中でも玉ねぎが一番好きな
ワタクシは今回も玉ねぎを加えて。

圧力鍋使用なので大きめに切らないと
とろけてしまいます。


圧力かける時間は5分のみ。
あとは余熱におまかせです。



『イカじゃが』

★121002イカじゃが


【材料 3人分】

するめいか・・・・・・1杯
じゃが芋・・・・・・・大きめ2ケ
玉ねぎ・・・・・・・・1ケ
しょうが・・・・・・・1かけ

◆水・・・・・・・・・300ml
◆だしの素・・・・・・小さじ1/2
◆酒・・・・・・・・・大さじ2
◆みりん・・・・・・・大さじ2
◆醤油・・・・・・・・大さじ2


【作り方】

①イカは下処理後、胴部分は1㎝の輪切り、
 ゲソは食べやすく切る。

②じゃが芋は皮をむいて3等分に切る。
 玉ねぎは大きめのくし切りにする。
 しょうがは千切りにする。

③圧力鍋に②、①、◆を入れてフタをして
 火にかける。圧力がかかり、湯気が出てきたら
 弱火で5分、火を止めて冷めるまでおく。
*圧力は<強>設定

④食べる前に温めて盛り付ける。



とろける玉ねぎがウマウマ。(*^_^*)

・・・ってメインはイカとじゃが芋なのですが。

食べはじめてから玉ねぎ2ケ入れでもよかったかも、
と思ったほど。


イカは中途半端に火を通すと硬く仕上がりがち
ですが、圧力鍋であればへっちゃら!

5分加圧+余熱時間でやわらか仕上げです。

じゃが芋もホクホク♪

遠くでショウガを感じながら、

ホッとする、秋の味です。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

スポンサーサイト
エビ、イカ、タコ、貝類 | コメント(6) | トラックバック(0)

塩麹・イカのトマト煮込み

2012/07/18 Wed 20:00

暑いときには火を使う料理ってなるべく
避けたいものですが、

ワタシの場合、暑くなると食べたくなるのが
トマト煮込み。

入手しやすい小ぶりのヤリイカと塩麹
入れて作りました。


ほんとはここにナスやズッキーニ、
パプリカ
などの夏野菜もたっぷり加えれば

彩りもよくて野菜もいただける主菜に
なったのですが、

なにも考えずにヤリイカだけ買ってしまったため( ̄∇ ̄;)
この日は単なる「イカのトマト煮込み」でした。



塩麹を入れたトマトソースの作り方は
コチラの過去記事でもご紹介済ですが、
今日は具材にしたイカにも塩麹をもみこんでいます。


イカって中途半端に煮込むと硬くなって
しまいがち。

塩麹をもみこむことによってイカの旨味をより一層
引き出すことと、硬くなるのを防ぐ働きの一石二鳥
です!



『塩麹・イカのトマト煮込み』

★イカのトマト煮込み


【材料 3人分】

ヤリイカ(小)・・・・・・・・・・2杯
トマト水煮缶(ダイスカット)・・・1缶(400g)
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・1ケ
にんにく・・・・・・・・・・・・・1かけ
オリーブオイル・・・・・・・・・・大さじ1
塩麹・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
こしょう・・・・・・・・・・・・・少々

ブラックペッパー、ドライバジル(あれば)


【作り方】

①玉ねぎ、にんにくはみじん切りにする。

②厚手の鍋にオリーブオイルと①を入れて玉ねぎが
 半透明になるまで炒める。

③トマト水煮缶と塩麹大さじ1、こしょうを加えて強火にし、
 煮立ったらアクをすくい、弱火にして時々混ぜながら
 15分煮る。

④③の間にイカの下処理。
 内臓、足部分を抜きとり、胴部分を洗う。
 足部分の吸盤をこそげ取るように流水で洗い、食べやすく切る。
 胴部分は1㎝ほどの輪切りにする。

⑤④のイカをボールに入れ、塩麹大さじ1を入れてもみこむ。

⑥③の鍋に⑤を加え、弱火で4分煮る。

⑦最後にフタをあけ、水分を飛ばすように1分煮立てて火を止める。

⑧器に盛り、ブラックペッパー(あればドライバジルも)
 をふりかける。




たっぷりのトマトソースなので
このままスパゲッティにかけてもよし、
バゲットにつけながらいただいても◎。



トマトの煮込み料理。
ちょっと時間をおいたものの方が味がなじんでおいしいので

多めに作って次の日には野菜を加えて
ラタトゥイユ風
にしてもいいですね♪



暑いときにはタバスコ効かせたピリ辛にしても
おいしいです。

あ~・・・よく冷えたワインが欲しくなりそう。( ´艸`)



イカの旨味とトマトの旨味、それらを
塩麹のチカラが一段とおいしくしてくれるトマト煮込み。


ソースだけ多めに作っておいての冷凍保存も重宝です。



*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ
エビ、イカ、タコ、貝類 | コメント(12) | トラックバック(0)

ボンゴレもやし

2012/06/21 Thu 20:00

ボンゴレ、といえばスパゲッティですが、
今日はもやしとの組み合わせ。


あさりの美味しさがもやしに絡んで
いつものもやし炒めよりも旨々♪


フライパンひとつで時間もかからないので、
大慌てでごはんの支度をしなくちゃ、
というときにもおすすめです。



『ボンゴレもやし』

★120622ボンゴレもやし


【材料 3人分】

あさり・・・・・・・・250g
もやし・・・・・・・・1袋
にんにく・・・・・・・1かけ
オリーブオイル・・・・大さじ1/2
塩・・・・・・・・・・小さじ1/3
ブラックペッパー・・・少々

とろみちゃん(or水溶き片栗粉)
万能ねぎ


【作り方】

①・あさりは海水ほどの塩水に浸して砂出し後、
  あさり同志をこすり合わせながら流水でよく洗う。
 ・もやしは袋の中に水を入れてじゃぶじゃぶ洗って
  水気をきる。
 ・にんにくは薄切りにする。

②フライパンににんにくとオイルを入れて火をつける。
 にんにくのまわりが焦げ始めてきたらもやしを入れ、
 塩、ブラックペッペーを加えて強火で炒める。

③あさりを加え、フタをして強めの中火で1分蒸し焼き。

④フタをとり、強火にしてあさりの口がすべて開くまで
 炒める。

⑤もやしの味をみて少し薄いかな?ぐらいの味に
 塩を少し加えて調整する。
*この後とろみをつけて味が絡むとほどよくなります。

⑥とろみちゃんをふりかけて汁が全体に絡むようにして
 器に盛り、万能ねぎの小口切りをちらす。
*とろみちゃん=顆粒状の片栗粉。水溶きにしなくても
 汁少なめのとろみであればふりかけるだけで
 簡単にとろみがつけられます。
 




アサリ良質なたん白質、鉄分、カルシウム、ビタミンB2、
B12
などを豊富に含みます。

特に増血作用があるビタミンB12の含有量は
貝類の中でもトップクラスのアサリ!
鉄分もシジミと同じくらい含みますので、

貧血予防、改善にも優れた食品です。

また、タウリンも豊富で、コレステロールや中性脂肪を
下げる働き
肝臓強化にも役立ちます。


さらにあさりは精神を安定させる働きも
あるようですので、ちょっと不安定気味な方は
積極的にいただくといいかもしれません。



あさりって汁物以外、なかなかごはんのおかずに
なりにくいですが、こんな炒め物であれば
ごはんにもぴったり。

塩を醤油にかえてもおいしくいただけます。^^



*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ

エビ、イカ、タコ、貝類 | コメント(6) | トラックバック(0)
今年も広島から牡蠣のお届けもの~♪

120216牡蠣①

毎年オットの実家に送られてくるものを
分けてもらっていますが、それでもけっこうな量。

もう何十年も送り続けていただいているのだとか。

ほんとに思う、こんなときだけ。 結婚してよかった、と。( ̄∇ ̄;)



ぷりぷりの大ぶりの牡蠣は旨味たっぷり。

殻付のものは毎年こちらのレシピにて
酒蒸しに。

120216牡蠣②

ぷっくりと潮の香りいっぱいのジューシィな
カキはこの時期ならではのおいしさ( ´艸`)

レモンを買い忘れたので今年は何もつけずに
カキのおいしさそのままを味わいました。

これはこれで牡蠣そのものの味がしっかり味わえて美味♪


素材そのものの美味しさとの出愛は
”生きてる醍醐味”を感じるシアワセな瞬間でもあります。



むき牡蠣の一部はガーリックソテーに~



『カキときのこのガーリックソテー』

120216カキときのこのガーリックソテー①


【材料 2~3人分】

カキ・・・・・・・・・・180g
しめじ・・・・・・・・・1/2パック
エリンギ・・・・・・・・1パック(2本)

塩、こしょう・・・・・・各少々
ガーリックパウダー・・・適量
酒・・・・・・・・・・・大さじ1
オリーブオイル・・・・・大さじ1.5
薄力粉・・・・・・・・・大さじ1

レモン、万能ねぎ


【作り方】

①カキはザルに入れ、水を入れたボールで
 ふり洗いする。
 アルミトレーなどにキッチンペーパーを敷き、
 カキを並べてやさしく水分をおさえ、
 塩、こしょう、ガーリックパウダーをふる。

②しめじは石づきを除いてほぐす。
 エリンギは5~7㎜の斜め切りにする。

③フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、
 ②を炒め、塩、こしょう、ガーリックパウダーをふる。
 全体にオイルがまわったら、酒をふりかけ、
 フタをして強火で1分ほど蒸し焼きにして火を通し、取り出す。

④③のフライパンに残りのオイルを足して熱くする。
 ①のカキに薄力粉をふりかけて全体にまぶし(大雑把でOK)
 フライパンにカキを並べて中火でソテーする。

⑤カキの片面がキツネ色に焼けたら裏返し、
 もう片面も中火でしっかりとソテーする。

⑥②のきのこ(汁ごと)を加え、強火で全体を炒め合わせて
 皿に盛り、万能ねぎの小口切りをふり、レモンを添える。



120216カキときのこのガーリックソテー②


きのこの旨味とカキの旨味が融合し、
これもまたワインが欲しくなるおいしさ( ̄▽ ̄)


レシピは長くなってしまいましたが、
要はきのこを炒めてから、カキを別にソテーして
最後に合わせる、という方法。

こちらは市販の加熱用のむき牡蠣でも十分に
おいしくできますので、おすすめです。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ



エビ、イカ、タコ、貝類 | コメント(10) | トラックバック(0)
牡蠣が美味しい時期です。

鍋にそのまま入れてしまうのが、一番簡単な
方法ではありますが、

旬の今、たまには食べたいカキフライ


火を通す牡蠣料理にはぜひ、生食用ではなく、
加熱用を使いたいところ。


加熱用の牡蠣には余計な殺菌処理をしていないので、
牡蠣の旨味がしっかりと味わえます


牡蠣を洗っていきなり衣をつけるのではなく、
最初のひと手間と揚げ過ぎに注意すれば
ふんわりジューシィなカキフライに!



『ふんわりジューシィ♪カキフライ』

120125カキフライ


【材料(2人分)】

カキ・・・・・・・・・・1パック(100g)
塩、こしょう・・・・・・各少々
薄力粉、卵、パン粉・・・各適量

揚げ油、ソース


【作り方】

①鍋にお湯をわかす。
 カキはザルに入れ、水を入れたボールの中で振り洗いする。

②鍋のお湯が沸いたら、①のカキをザルごと鍋に入れ、
 10秒ほど振りながらさっと下ゆでしてすぐに冷水にとり、
 水気をきってキッチンペーパーに取り出し、水分をやさしくおさえる。
*このひと手間がジューシィなカキフライに仕上げます。

③揚げ油をあたためる。
 ②のカキに軽く塩、こしょうをふり、
 薄力粉→溶き卵→パン粉の順につける。
*小さめのカキは2つ合わせて1つにします。

④中温(180℃ほど)の揚げ油に③を入れ、
 しばらく動かさずにそのまま揚げ、色づいてきたら
 裏返し、キツネ色になったら油からあげる。
*揚げ時間は1分30秒ほど。余熱でも熱が入るので、
 揚げすぎにはご注意を。


⑤器に盛り、とんかつソース(or中濃ソース)、
 お好みでタルタルソース、レモンなどををかけて
 いただきます。



衣をつける前にさっとゆでしておくことにより
牡蠣のもつ水分を閉じ込めて=美味しさを閉じ込めて
ジューシィな仕上がりに。

最初に牡蠣を入れて洗ったザルごと
お湯が沸いた鍋に入れれば、ラクチンです。


また、大きさの揃っていない牡蠣の場合には、
小さいものにそのまま衣をつけてしまうと、

仕上がりがちんちくりんになってしまい、
中の水分も出てしまっておいしさも半減。

小さいものは、2つで1つにしてしまうと
中の水分が出過ぎることなく、おいしくいただくことができます。


牡蠣は最も多く亜鉛を含む食品。

亜鉛は皮膚や粘膜の健康維持を助け、
味覚を正常に保つ働きも


免疫力を強化する働きもあるので、
風邪をひきやすいこの時期にぜひいただきたいものです。


今回はソースをかけましたが、
ポン酢おろしなどでもさっぱりといただけます。


*********************************

いつも応援いただきまして、ありがとうございます。
皆さまの応援が日々の更新の励みになっております。




人気ブログランキングへ


ご訪問、ありがとうございます。^^

おきてがみ



エビ、イカ、タコ、貝類 | コメント(10) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。